ボクシングの減量に使われていることから、縄跳び効果はダイエットにも好影響を与えそうなイメージです。じつは、縄跳び効果は有酸素運動による脂肪燃焼だけにとどまらず、なんと食欲を抑制する働きまであるのだとか。縄跳び効果でダイエットが成功する理由を見ていきます。

縄跳び効果でダイエットが成功する理由

縄跳びの効果は脂肪燃焼

縄跳びは、縄を回してその場でジャンプする、とてもシンプルな運動です。場所はたたみ1畳もあれば十分。子どもでなければ、誰かに教えてもらう必要はありません。縄跳びの魅力は、なんといってもその手軽さにあります。

縄跳びの効果は、ウォーキングやジョギングと同様の有酸素運動による脂肪燃焼にあります。縄跳び効果を期待するなら、20分以上続けるのが理想。というのも有酸素運動は、20分経過後に脂肪が燃焼し始めるからです。

縄跳びに慣れてきたら、足を揃えて飛ぶするのではなく、ボクサーのように片足ずつ交互に1歩か2歩ずつジャンプするのがおすすめです。運動量も高まり、縄跳び効果がより高くなります。

縄跳び効果は食欲を抑制

縄跳び効果で鍛えられるのは、太ももやふくらはぎなどの下半身の筋肉です。じつは下半身には、全身の6割の筋肉が集まっています。なかでも太ももには大きな筋肉があるため、全身の4割が集中しているのです。

このため、縄跳び効果は脂肪燃焼だけでなく、鍛える筋肉が大きいぶん基礎代謝を高めることにもつながります。基礎代謝を上げることは1日の消費エネルギーを上げることになり、ダイエット体質につながるのです。

縄跳び効果は食欲を抑制する働きもあります。早稲田大学の研究によれば、縄跳びは自転車と比べて運動後の空腹感を感じにくいのです。縄跳びの上下運動が腸を混乱させて、食欲ホルモンの放出を抑制する効果があると推測されています。

■「縄跳びダイエット」おすすめ記事
縄跳びダイエットには食欲を抑制する効果がある

■「ダイエット」おすすめ記事
筋トレダイエットに効くちょいアレンジスクワット
下腹部ダイエットになる「点字ブロック」歩き
下腹に効く!ダイエット効果の高いウォーキング
ワインオープナーダイエットで痩せる理由とは?
ダイエットには体幹より太もものほうが重要だった
筋トレ効果を狙うなら糖質制限ダイエットはNG
クーガーダンスでお腹と二の腕を同時に鍛える
オチョダイエット5分でウエスト5センチ減!!

【関連リンク】
ぽっこりお腹の原因「内臓下垂」を解消する筋トレ
超回復が嘘なのは前提が間違っているから
筋肉痛は超回復のチャンス!でも過労には注意
吉川メソッドのV字腹筋でバキバキに割れた
体脂肪を減らすには3つの栄養素が不可欠だった

情報提供元:インナーマッスル
記事名:「縄跳び効果でダイエットが成功する理由とは?