内転筋とは骨盤から太ももの内側にある筋肉群のこと。足を閉じたり、腰を回転させるときに使われる筋肉です。O脚の場合は内転筋の力が弱く、逆にX脚の場合は負担がかかりやすくなります。内転筋は女性より男性の方が硬くなりがち。オフィスでもできる内転筋ストレッチのやり方を紹介しましょう。

オフィスでもできる内転筋ストレッチのやり方

オフィスでもできる内転筋ストレッチ

内転筋と一般的には呼ばれていますが、じつは短内転筋、長内転筋、大内転筋、薄筋といった複数の筋肉からなる筋肉群です。内転筋群が協調してひざを内転させたり、腰を回転させたりしています。

内転筋はスポーツのパフォーマンス向上には欠かせない筋肉。ただし、女性に比べて男性の方が硬くなりやすい傾向があります。そこで、オフィスでもできる内転筋ストレッチのやり方を紹介しましょう。

まずはイスに浅く腰かけたら、骨盤を立てて背すじをまっすぐに伸ばします。両手は太ももの上です。この体勢から片方の足を外側に伸ばしたら、伸ばしたつま先を上げてください。

ストレッチされる内転筋は伸ばした足

反対側の足は1本分、外側に出してつま先を斜め外側に向けたら準備完了です。ひざを曲げ足の太ももに両手をのせたら、上半身をひざの方向に向けて息を吐きながら前に倒すのです。30秒ほどストレッチしたら逆足も行います。

このときストレッチされる内転筋はひざを伸ばした側の足。伸ばした足のつま先が内側に入ってしまうと、内転筋ストレッチの効果がダウンします。つま先をしっかり上げるようにしてください。

内転筋をさらにストレッチさせるなら、伸ばした足をイスの座面にのせて行うとよいでしょう。イスに足をのせたらつま先を上げて伸ばし、上半身を立ち足の向きにひねって体重をかけます。バランスがとりにくいので周囲に気を付けましょう。

【関連リンク】
自宅の風呂で筋トレ!たった1分半の腹筋メニュー
女性が腹筋を鍛えるならインナーマッスルが最適
相撲のシコ踏みは腸腰筋の鍛え方に最適だった
腹筋の正しい鍛え方には「腹式呼吸」が大切だった
腹筋を毎日鍛えられる1回たった30秒のやり方?

情報提供元:インナーマッスル
記事名:「オフィスでもできる内転筋ストレッチのやり方