946bb695db9e0f5e

今年も残すところあと1カ月ちょっと。これから忘年会やクリスマスなどで出費がかさむ時期がやってきます。少しでも出費を減らすために、できることから始めてみませんか?期間限定の方法もあるので見逃さずにチャレンジしてみましょう。ファイナンシャルプランナーの筆者が、年末の出費を減らす方法を3つ紹介します。

【1】休日は無料施設で、暖房・光熱費節約

冬も本番に近づき、自宅にいるとエアコンや灯油ストーブなどの暖房費がかかります。かといって暖房費を節約するためにお出かけしようとすると、レジャー費がかさんでしまいますよね。

暖房費・レジャー費の両方を節約できるのが、無料レジャー施設。例えば図書館や、国や市などの施設である博物館・記念館、企業の工場見学や歴史館巡りなどが挙げられます。朝からお弁当持参でおでかけすれば、かかる費用は交通費くらいです。

ネットで「無料レジャー施設」と地域名を合わせて検索すると、地元ならではの施設が出てきます。外出しているので自宅の暖房費はゼロ!さらに家族で楽しめるので一石二鳥ですね。

また上級者編としておすすめなのが、節約できた費用を貯金する「つもり貯金」。例えば、1,000円程度の入館料がかかる博物館ではなく無料の歴史館に行った場合、1,000円が浮きます。その1,000円を「払ったつもり」で貯金箱へ。これを「つもり貯金」と呼びゲーム感覚で家族で取り組めば、気づいたころには結構貯まっていて、家族旅行に行けるなんてことも。貯まったらご褒美にパーッと使うと、楽しく貯金のクセがつけられます。

【2】キャッシュレス決済でポイント還元

10月から、消費税増税にともない実施されているキャッシュレス決済に対するポイント還元は、9カ月の期間限定。安売りになりにくい商品をポイント還元のあるお店で購入すると、お店によっては5%または2%のポイントが還元されるのでお得です。

また飲食店でもポイント還元されるお店が意外とあるもの。積極的に忘年会の幹事を買って出て、会費を自分のクレジットカードや決済アプリで支払ったら、自分のポイントにすることができます(度が過ぎるとポイントは得られても信用は失うのでほどほどに!)。

【3】金券ショップで商品券を買って2~5%程度お得に

寒くなってからブーツやコートを揃えようと思っても、まだセールになっておらず、定価で購入するしかありません。どうしてもセール期間前に欲しい場合は金券ショップを利用するのがおすすめです。

例えばデパートで売られている5万円のコートが欲しい場合、金額は税込みだと5万5,000円になります。大手デバートはキャッシュレス決済のポイント還元対象外なので、恩恵を受けることができませんが、対応策として、その金額分のデパート商品券を金券ショップで購入するという手が。

3%安い金額で商品券を購入できた場合、5万5,000円×3%=1,650円お得になります。クレジットカード払いで付与されるポイントは、良くても1%前後のことが多いので、金券の割引率の方がお得になることも。買い物前に金券ショップに立ち寄るというワンアクションが必要ですが、少しの手間で少しリッチなランチ代を作ることができます。

年末にかけて、思いがけない支出がたくさん出てくるかもしれません。無料施設を利用してレジャー費や光熱費を節約し、期間限定のキャッシュレス決済・ポイント還元も使いこなし、金券ショップを活用すれば、少しでも補うことができますよ。

これ以外にもアプリやクーポンを活用すれば、飲食店などで割引を受けることもできますね。面倒だからと何もしないままでは、残念ながらお得なことは何もありません。利用しすぎで支出自体が多くなっては本末転倒ですが、楽しみながらのお得術を探してみてください!

情報提供元:トクバイニュース
記事名:「5%引きやタダも夢じゃない!お得術で年末年始の出費を減らす