ビール女子の皆さん、 今夜も"手羽"ってますか? 本日6月14日は「手羽先」の日。こってりジューシーな味がクセになる手羽先は、ビールの恋人と言っても過言ではありません。今夜はビール女子編集部の独断と偏見による、手羽先をほおばりながら飲みたい5本のビールをご紹介します。
馴染みの味で鉄板の組み合わせ

1. サッポロ生ビール黒ラベル(サッポロビール)
まずは王道ビールとともに。しっかりとした麦の香りと爽やかな後味が、こってり手羽先と合わないわけがありません! 手羽先の甘辛揚げからさっぱり煮まで、どんな味わいもしっかりと受け止めてくれます。時代は「丸くなるな、手羽になれ」です。
サッポロ生ビール黒ラベル〇スタイル:ピルスナー 〇アルコール度数:5%
〇ホームページ:http://www.sapporobeer.jp/beer/


強い苦味が口の中で踊りだす。

2. FLYING IPA(エチゴビール)
ホップ由来の苦みや香りがストレートに楽しめる、アメリカンスタイルの『FLYING IPA(フライング アイピーエー)』。手羽先をほおばった口に、柑橘の香りとパンチのある苦味が流れ込み、おいしくって思わず笑顔がこぼれます。甘辛たれで味付けした手羽先に合わせると、より苦味が引き立っておすすめです。
FLYING IPA〇スタイル:IPA(インディア・ペール・エール) 〇アルコール度数:5.5%
〇ホームページ:https://shop.bourbon.jp/ItemDetail?cmId=4487



さっぱり手羽先に合わせて。

3. インディアンサマーセゾン(志賀高原ビール)
夏を通り越して、晩秋の「インディアン・サマー」の季節までもつように、ホップを贅沢に使ってつくられた『インディアンサマーセゾン』。セゾン酵母由来のフルーティーな香り、程よいホップの苦味は、酢煮などのさっぱり味付けの手羽先に合わせたいビールです。
インディアンサマーセゾン〇スタイル:ベルジャンIPA 〇アルコール度数:7.0%
〇ホームページ:http://www.tamamura-honten.co.jp/?pid=97647161



華やかな香りが絶妙にマッチ!

4. レッドローズ アンバーエール(ベアードビール)


強烈なフルーツ香を感じながらも、喉に通すとドライで爽やかな飲み口は、たっぷりタレを付けた手羽先にぴったり。絶妙なバランスがクセになり、ビールを飲む手も手羽先を食べる手も、止まらなくなること請け合い。

レッドローズ アンバーエール〇スタイル:アンバーエール 〇アルコール度数:6.0%
〇ホームページ:https://bairdbeer.com/ja/beer/red-rose-amber-ale/



黒ビール×手羽先の魅惑

5. ベアレン シュバルツ(ベアレンビール)


最後に「黒ビール×手羽先」の味覚の出会いに挑戦してみませんか? 『ベアレン シュバルツ』は、黒ビールらしい香ばしさがありながら、後味すっきり。麦の香りと手羽先のジューシーな旨味が魅惑のハーモニーを奏でます。

ベアレン シュバルツ〇スタイル:シュバルツ 〇アルコール度数:5.5%
〇ホームページ:http://baeren.jp/schwarz



とっておきの "手羽ビー" タイムを!


食べすすめるほどにクセになる手羽先は、まさにビールの恋人。ぜひ様々なスタイル(種類)のビールに合わせて、とっておきのペアリングを見つけてみてください。 ビール片手においしい手羽先を、ついつい食べすぎちゃっても仕方ありません。なんてったて今日は「手羽先」の日ですから!

情報提供元:ビール女子
記事名:「【手羽先の日】手羽先をほおばりながら飲みたい5本のビール