2018年3月10日(土)、11日(日)に東京・赤坂にある「editor's fav『るるぶキッチンAKASAKA』」にて広島の「ビールスタンド重富」のオーナー 重富 寛(しげとみ ゆたか)さんによる『究極の生ビール体験』が開催されます。

究極のビールが飲める『ビールスタンド重富』

ビール女子の皆さんは、広島で究極のビールが飲める「ビールスタンド重富」をご存知でしょうか? お店にあるメニューは1杯500円の生ビールのみ、17〜19時のみ開店するお店には、その究極のビールを求めて常に行列ができるのが日常となっているお店です。店主の重富寛さんは、同じ銘柄のビールを15種類ほど異なる味わいに注ぎ分けることができるこだわりの注ぎ手です。

ビールスタンド重富

昭和初期に重富酒店の初代が生ビール(樽生)に出会い「広島の人に美味い生ビールを飲ませたい」と、西宮の麦酒工場でドイツ人技師より生ビールについて伝授され、戦前・戦後と広島の飲食店に生ビールの指導を行った。自らの店でも夕方のみ生ビールを提供。その想いを受け継いだ三代目(重富寛さん)が、2012年に「広島を元気(笑顔)にする生ビールを提供する店」をコンセプトとした『ビールスタンド重富』をオープン。

〇住所:広島県広島市中区銀山町10-12 〇電話番号:082-244-4147 〇営業時間:17:00〜19:00
〇URL:http://sake.jp/beer_stand/menu/
※営業日の確認はHPよりご確認ください。


そんな重富さんが、今回、旅行情報雑誌『るるぶ』の編集者が全国各地を旅して見つけた「おいしい」が楽しめるお店・editor's fav「るるぶキッチンAKASAKA」において、特別イベント「究極の生ビール体験」を開催します。


こだわりの注ぎ手による「伝説の注ぎ分け」を体験

普段は広島でしか飲むことのできない重富さんが注ぐビールですが、今回は2日間に渡って東京都内で楽しむことができます。イベント内では、重富さんの注ぐ生ビール2杯と広島県産食材をテーマにしたおつまみ、そして重富さんによる「ミニ生ビール講座」が開かれます。

同じビールでも、全く異なった味わいになるという重富さんが注ぐビール。この週末はぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか?

『究極の生ビール体験』

○日程:2018年3月10日(土)、11日(日)
○時間:12:00、14:00、16:00、18:00(各回12名/90分間) ○場所:editor's fav『るるぶキッチンAKASAKA』(東京都港区赤坂3-17-1 赤坂バル横丁内) ○価格:2000円(税込)
※下記「PassMe! るるぶレジャーチケット」から申し込みの場合は1800円(税込) ○追加オーダー:生ビール・フード共に500円(税込)
○内容:生ビール2杯、おつまみ1品、ミニ生ビール講座 ○申し込み:https://pass-me.jp/facilities/KS002030/tickets/E1006318
※「PassMe! るるぶレジャーチケット」の会員登録が必要です。
※スマートフォンからのアクセス推奨
※店舗への電話(03-5544-8786)または直接来店での予約も可能。



<2018年全国ビールイベント一覧カレンダー>

情報提供元:ビール女子
記事名:「【3/10・11】「こだわりの注ぎ手」重富さんが赤坂で『究極の生ビール体験』