7月12日に映画『トイ・ストーリー4』も公開が予定されており、PIXARアニメーションを気分を味わいたい気持ちが高まっている人も多いのでは。

ピクサー・アニメーション・スタジオの作品を生みだす技法と科学に迫る展覧会『PIXARのひみつ展』が六本木ヒルズ展望台 東京シティビューにて4月13日(土)から9月16日(月・祝)まで開催。筆者は前日に行われたプレス内覧会の日に訪れました! ご紹介します。


『PIXARのひみつ展』ドリーのライティングを調整体験
https://youtu.be/C8uB2Zf62K8

『PIXARのひみつ展 いのちを生みだすサイエンス』開催 行ってみた

『PIXARのひみつ展』展示の場所は六本木ヒルズ展望台 東京シティビュー。

『PIXARのひみつ展 いのちを生みだすサイエンス』は、2015年にボストンサイエンスミュージアムにて初めて開催されてから、アメリカやカナダの8か所で合計150万人以上を動員。東京シティビューでの開催がアジア初上陸となる展示。

お馴染みのキャラクター達がお出迎え。

『PIXARのひみつ展 いのちを生みだすサイエンス』では普段見ることができないPIXARアニメーション制作の裏側を、制作のカギとなる8つの工程を通して展示されています。

モデリング、リギング、サーフェイス、セット&カメラ、アニメーション、シミュレーション、ライティング、レンダリングと作業の工程をそれぞれ体験や見学ができます。

リギングのコーナーではジェシーの顔を実際に動かす体験ができるコーナーが。

眉毛や目の位置で表情作りができます。

変幻自在!

そのほか模型を組み合わせて形の研究。

ライティングのコーナーでは、大きなドリーの模型に光を当てることができます。光の色合いやライティングの角度によって、キャラクターの見え方が全然違う!

リアルな実際の模型の展示。カメラの視点を変え、画面でチェック。

撮影角度によって雰囲気がいかようにも変化します。

展示の最後には、販売スペースがあり限定品やグッズも充実。

大人も子供も『PIXAR』スタッフの一員となってアニメーション作りのお仕事体験ができるような展示は、満喫できること間違いなし。

なおゴールデンウィーク中、5月3日から5月6日の4日間は、中学生以下のお子さん対象に52階屋内展望台、屋上スカイデッキ、森美術館に無料で入場できる特別企画も実施。お見逃しなく。

『PIXARのひみつ展』は六本木ヒルズにて4月13日(土)から9月16日(月・祝)まで開催中。

『PIXARのひみつ展 いのちを生みだすサイエンス』開催概要

会 期:2019年4月13日(土)~ 9月16日(月・祝)※会期中無休
会 場:六本木ヒルズ展望台 東京シティビュー(六本木ヒルズ森タワー52階)
開館時間:10:00~22:00(最終入場21:30)
主 催:東京シティビュー、NHKプロモーション
企画制作:ドリームスタジオ
特別協力:ウォルト・ディズニー・ジャパン
協 賛:ハウス食品グループ
ロート製薬 ※五十音順
後 援:J-WAVE 81.3FM
入場料:一般1,800円、高校生・大学生1,200円、
4歳~中学生600円、シニア(65歳以上)1,500円
前売券:1,500円(一般)
オリジナルグッズ付プレミアム前売り券1,800円(一般) ※無くなり次第終了
展覧会サイト:
https://www.tokyocityview.com/pixar-himitsu-ten

※随時最新情報を更新します。
問い合わせ:
03-6406-6652(東京シティビュー)

『お子様無料4DAYS』
日程:5月3日(金)~6日(月)
開館時間:10:00~22:00(最終入場21:30)※屋上スカイデッキは11:00~22:00
対象:4歳~中学生
内容:お子様入館料無料※通常600円+スカイデッキ300円
https://www.tokyocityview.com/pixar-himitsu-ten/infomation/4.html[リンク]

―― 面白い未来、探求メディア 『ガジェット通信(GetNews)』

情報提供元:ガジェット通信
記事名:「ゴールデンウィーク中の4日間は子供無料! 仕事体験できる『PIXARのひみつ展』が開催中