11月7日、今年2018年の「ユーキャン新語・流行語大賞」ノミネート語30語が発表された。その中のひとつ「#MeToo」は、日本では昨年末に作家でブロガーのはあちゅうさんが電通時代に受けたセクハラ・パワハラを告発したことによりネット上で大いに広まった感もある。その一方で、はあちゅうさん自身も過去に童貞をイジるような発言をしていたとして、セクハラ行為だと批判が集まり炎上状態に。はあちゅうさんは一旦謝罪したものの、後に撤回し物議を醸した。

そんなはあちゅうさんが、11月2日発売のコアマガジン「実話BUNKA超タブー」にて連載を開始した。タイトルは「はあちゅうの童貞が好きっ」。「カリスマ美人作家が聞きだすチェリーボーイの心の叫び」とのことである。

3ページの連載で、はあちゅうさんと童貞の方との対談、はあちゅうさんによる分析、という形式となっている。

ちなみに、はあちゅうさんの連載の次に掲載されているのは、吉田豪さんによる連載「人間コク宝インタビュー」。
はあちゅうさんは、吉田豪さんとの共演NGを公言していたのだが、今回目次ではお二人の名前が並ぶこととなった。

参考記事:
はあちゅうさんの『ニコニコ生放送』での「(掟ポルシェ)大嫌いです!」「吉田豪恨んでます」発言が話題に
https://getnews.jp/archives/2064853[リンク]

『Twitter』(@BUNKA_taboo)では、

特にタブーに斬り込むこともなく、ちょっと感じ悪いことが書かれてるだけの、いわゆる“マスゴミ”な雑誌です!

と自ら謳っている「実話BUNKAタブー」の増刊で、

格差社会は許さない「日本死ね」マガジン!

というキャッチフレーズのこちらの雑誌。興味のある方はチェックしてみてはいかがだろうか。

※画像は『Twitter』より

―― 会いたい人に会いに行こう、見たいものを見に行こう『ガジェット通信(GetNews)』

情報提供元:ガジェット通信
記事名:「カリスマ美人作家が『実話BUNKA超タブー』で連載開始! 「はあちゅうの童貞が好きっ」