9月14日20時すぎ、人気アニメ「けものフレンズ」のたつき監督(@irodori7)が『Twitter』にて


台本無断使用のお話教えてもらいましたが、台本作者さんへの言及の無さに創作への蔑視が見えて…うーん…
同じ文字まわりで脚本費全話と脚本印税いまだ1円もお支払いいただけてないんですよね。けもの。しんどいので忘れるようにしてたんですが、やっぱりこういうのも声をあげた方がいいのかなー…

という衝撃のツイートを行った。これにより、ネット上はまさに「ドッタンバッタン大騒ぎ 」となり、さまざまな意見が飛び交うこととなった。

参考記事:
たつき監督「脚本費全話と脚本印税いまだ1円もお支払いいただけてない」 『けものフレンズ』台本無断使用騒動でツイート
https://getnews.jp/archives/2078052[リンク]

翌15日、テレビ東京の細谷伸之プロデューサー(@nobutx_0517)の『Twitter』には、

失礼します
けものフレンズのプロデューサーの一人として
たつき監督の脚本費未払い問題についてはどうお考えですか?

という質問ツイートが寄せられる。これに対し、細谷プロデューサーは


僕が個人でお答えする立場にはありませんと言う前提で当たり前のことだけは言えるかなと思いお伝えしますと、製作委員会としてたつき監督を含んだヤオヨロズさんとの契約、発注なのでそこから先のお金の流れは我々にはなんとも言えないです。恐縮ですがこれ以上のことはお答えできません。すみません。

と返信ツイートを行った。この返信に対しては、現在も多くの意見が寄せられている。

一方で、冒頭のツイートを行ったたつき監督に対しては、応援のツイートが多数寄せられているものの、批判の声も少なからずあがっているようである。
今回問題となっている「けものフレンズ」の脚本については、当初シリーズ構成・脚本でクレジットされていたが田辺茂範さんが紆余曲折あってたつき監督に変更になっており、「脚本費全話と脚本印税」の契約に関して、通常とは異なる何らかの事情があるのではとの声が散見されている。その契約について、たつき監督がわざと曖昧な形でツイートしているのでは? というもの。また、それによりたつき監督ファンの批判を製作委員会に仕向けるような思惑があるのでは? ということや、3連休連休直前の20時というツイート時間は、製作委員会側が対応しづらいタイミングをはかってのものなのでは? ということなど、さまざまな憶測が飛び交っている。

いずれにせよ、「2」の制作発表から間をおかずに大炎上となってしまっている「けものフレンズ」。今後の行方に注目である。

※画像は『Twitter』より

―― 会いたい人に会いに行こう、見たいものを見に行こう『ガジェット通信(GetNews)』

情報提供元:ガジェット通信
記事名:「「けものフレンズ」テレ東・細谷伸之プロデューサーが脚本報酬・印税問題に返答ツイート 一方でたつき監督にも批判の声が