ボルボカーズは5月の販売台数が4万4830台で、前年同期と比べて25.5%減少したと発表した。ヨーロッパでの販売とショールームのトラフィックの傾向が改善し、中国での販売が引き続き増加したためだと分析している。

1月から5月の5カ月間のボルボカーズの世界販売は20万8479台に達し、昨年の同時期と比較して25.0%減少した。



減少幅が小さかった最も大きな要因は中国の販売台数の好調だ。5月の中国の販売は1万5132台に達し、前年同月と比較して21.8%増加した。今年の1から5月の売上高は、昨年の同時期と比較して7.1%減少した。



また、5月の米国の売上高は9519台で、前年同月比で2.5%減少した。 1月から5月の米国の売上高は、昨年の同時期と比較して18.2%減少して3万2870台になった。コロナウイルスによる規制が緩和された州が増えたため、売上高は予想よりも早く回復した。



5月のヨーロッパでの売上高は、コロナウイルスのパンデミックの影響を引き続き受けたが、多くの国が緩和されたため、前月に比べて回復の兆しを見せた。



車種別では中型SUVのXC60が販売トップモデルで続いてコンパクトSUVのXC40と大型SUVのXC90が続いた。SUVは同社の総売上の68.5%を占め、昨年の同じ月の61.0%から増加した。

情報提供元:MotorFan
記事名:「 ボルボ、2020年5月の世界販売台数が前年比25.5%減、SUVが好調!