去る1月7日、首都圏を中心に、新型コロナによって2回目の緊急事態宣言が発せられた。さらに14日には栃木県、岐阜県、愛知県、京都府、大阪府、兵庫県、福岡県にも発令された。自治体が独自に宣言している例もある。

読者の皆様におかれましても、宣言の趣旨を理解し、それぞれの立場で感染防止を心がけていることと思う。

緊急事態宣言を出たことは仕方ないとして、出すタイミングやその前の施策など、ちぐはぐなことが多かった印象だ。

■「脱炭素宣言」に対する豊田社長のコメント



なんでもかんでも批判したり反対する気はないし、合理性があれば支持もする。しかし、人々がみんな自分のメリットだけを考えはじめると、政治家が「人々の民意」を誤解するのではないか、と感じている。

何がいいたいかわからないと思うので、今回のテーマをそろそろ紹介すると「2050年脱炭素宣言」に関する豊田社長のコメントについてだ。様々なメディアで紹介さ...【全文を読む】

あわせて読みたいオススメ記事