43437c9dc95e6b22

毎日、カフェやコンビニでついついコーヒーを飲んじゃう方、いらっしゃるんじゃないでしょうか?一度の出費は少しでも、ちりも積もるとコーヒー代だけでかなりの出費になっていた!なんてことにもなりかねません。業務スーパーの最強コスパなユニバースターコーヒーなら、なんと1杯約4円!カフェオレにしても1杯30円程で楽しめちゃうんです。

とにかくコスパ良し!ユニバースターコーヒー

F65370dcc2f983cd

200gの内容量で、価格は408円(税込)となっています。コーヒー1杯に2gを使用すると考えると、1杯約4円!こんなに安くていいのか少し不安になるレベルですが、問題は味わいですよね。

こちらの商品はべとナム産となっています。ベトナムは世界有数のコーヒー生産国、コーヒーの消費量も多く、練乳たっぷりなベトナムコーヒーが有名です。

スプレードライ製法だから水に溶けやすい!

2ee8ceddd20d9d22
5506a150c863912e

こちらのインスタントコーヒー、蓋を開けてみると馴染みのある粒状と異なり、サラサラ。“あれ?コナコーヒー買ってきちゃった!?”と思ったら……。

こちらは、スプレードライという製法で作られたインスタントコーヒーだそう。

普段見慣れているインスタントコーヒーは、フリーズドライ製法によるもので、コーヒーの香りを残す製法なのだとか。

79292ee6b2bd4e68

フリーズドライ製法によるインスタントコーヒー

フリーズドライ製法のインスタントコーヒーは蓋を開けた瞬間、ふわっとコーヒーの香りが漂ってきます。それに比べ、ユニバースターコーヒーはあまり香りがしません。クンクンと意識してかぐことで、やっと香る程度でした。

どちらが水に溶けやすい?

お湯で溶けるのはもちろんですが、できれば冷たい水や牛乳にも溶けてほしい!という願いを込めて、水に溶かしてみました。ちなみにメーカーからは、お湯で溶いてから、水や牛乳を加えてカフェオレを作るようにと注意書きがあります。

左がスプレードライ製法、右がフリーズドライ製法のインスタントコーヒーです。

コップにそれぞれ小さじ2杯ずつ入れ、水150mlを入れました。

195f134a82daffb5

どちらもスプーンで10回かき回して別容器に移し、溶け残りがあるか検証します。

Bd2d97522a956393

一見、見た目に変わりは無いようですが、よく見るとフリーズドライ製法のインスタントコーヒーの方が溶け残りがみられました。

E291633456fb5b53

それに比べ、左のスプレードライ製法のユニバースターコーヒーの方はコップに粉がついている箇所はありましたが、ほぼ溶け切っていました。

とにかく苦味強め!カフェオレがおすすめ!

9e446940f90fcca8

まずは味をしっかり知りたいと思い、ホットでブラックコーヒーを入れてみました。粉を入れてお湯を注げばできるので、忙しい朝でもラクチンです。

ですが!

コーヒーの良い香りは薄め。気になる味なんですが、めちゃめちゃ苦い!

レシピ通りに作ったのですが、かなりの苦味を感じました。酸味はあまり感じず深みも感じ無いため、とにかく苦いコーヒーという印象…。

これはいかん…。いくら安くてもこんなに飲みにくいなんて…。

何とかおいしく飲む方法は無いものかと考え、今度はカフェオレにしてみることに。

冷たい牛乳に直接入れて作ってみました。

22d8340ae725eeba

冷たい牛乳で直接溶かすと少し溶け残りが有りました。少量のお湯で溶いてから牛乳を入れるのがおすすめ

カフェオレにしたらおいしい!苦味がマイルドになって飲みやすく、コクもプラスされて味わい深いカフェオレに。

さらに蜂蜜を加えると一層美味!

我が家は元々ブラックコーヒーでなくカフェオレ派なので問題なく使い切れそう。逆にブラックコーヒーで飲むのは正直大変かもしれません。

カフェオレをリーズナブルに楽しみたいならアリ!

2c02f3eeae700ceb

コスパ良く、毎日カフェオレを気兼ねなく楽しみたい!という方は、購入候補に入れて店頭でチェックしてみてくださいね。

<商品情報>
価格:408円(税込)
内容量:200g
生産国:ベトナム

情報提供元:トクバイニュース
記事名:「業スーのインスタントコーヒーが1杯4円と驚きのコスパ!気になる味を徹底ルポ