ANA BLUE BASE

全日本空輸(ANA)と日本電気(NEC)は、ANAグループの総合トレーニングセンター「ANA Blue Base」に、「ローカル5G」を導入する。

「ローカル5G」とは、企業や自治体などが5G周波数ライセンスを取得したうえで、敷地内で5Gネットワークを構築することにより活用ができる、自営のワイヤレスネットワーク。

ANAは、NECが取得した「ローカル5G」の実験免許を活用してローカル5Gを導入し、NECはコア、基地局、端末などを提供する。5Gは、「高速大容量・低遅延・多接続」の特徴を持ち、訓練のパーソナライズ化によるオペレーション品質の向上や、パートナー企業とともに新たなサービスの開発を目指す。

例えば、現在実施している訓練では収集しきれなかった姿勢・手順・視線・訓練生の感情変化な

どのデータを「ローカル5G」に接続したカメラ・視線測定機器・バイタルセンサ・VRゴーグルなどからリアルタイムに収集・分析し、一人一人にフィードバックすることにより訓練の効果をさらに高めることもできるという。

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「ANAとNEC、「ANA Blue Base」にローカル5Gを導入