関西エアポートは、テロや災害時等の対策として、止血帯「ターニケット」を関西国際空港内に導入した。

「ターニケット」は、圧迫止血でも止まらない出血に対して行う緊縛止血のための道具。血を押さえたい位置より心臓に近い位置に巻き、手足に輪になったベルトを通して締め上げるだけで、力を使わず簡単に素早く止血でき、大量出血から命を救うことができる。

万が一の際に応急救命を行えるよう、りんくう総合医療センター協力によって導入した。国内空港での導入は初めて。

設置場所は各ターミナルのAEDボックス内。導入個数は100個。

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「関西エアポート、止血帯「ターニケット」を関西国際空港内に導入