11月21日、アルピーヌ・ジャポンはミッドシップスポーツモデルであるA110に設定された高性能版「A110S」の日本導入を発表した。税込車両価格は899万円で、2020年2月9日までアルピーヌ・ジャポンの公式サイトで予約注文を受け付ける。

0-100km/h加速タイムはA110を0.1秒凌ぐ4.4秒を実現

 A110のハイパフォーマンス版として設定されたA110Sに搭載する1.8L直列4気筒ターボエンジンは、標準車A110のエンジンをベースに、ブースト圧を0.4bar高めたことによって292psと320Nmを発揮。最高出力の値は標準のA110用エンジンのそれを40ps上回る。最大トルクの値は標準車のそれと変わらない。

 このハイスペックエンジンを原動力に、4.4秒の0-100km/h加速タイム、260km/hの最高速度を実現している(A110はそれぞれ4.5秒、250km/h)。

 A110Sに搭載するエンジンについて、アルピーヌのチーフエンジニアであるジャン・パスカル・ドースは次のように紹介。

「エンジンについては、特性を向上させ、パワーを強化することが目的でした。そして、A110Sの特徴である高速安定性と正確なハンドリングをパワートレーンに反映させることもまた重要でした。エンジンは、5000〜7000rpmの間でとりわけパワフルです。エンジン回転数が非常に高い領域でもまだ加速を続けるので、全てのギアを使い切る走りを堪能することができるでしょう。」

 サスペンションも専用にセッティングされ、スプリングのレートはフロントで30N/mmから47N/mmに、リヤが60N/mmから90N/mmに高められ、これに合わせてダンパーも最適化されている。これに加えてアンチロールバーの剛性もフロントで17N/mmから25N/mmに、リヤが10N/mmから15N/mmに強化。これらにより、優れた高速安定性や素早いステアリングレスポンスを実現している。

 タイヤは専用の構造やコンパウンドが用いられたミシュランのパイロットスポーツ4で、サイズはフロントが215/40R18、リヤが245/40R18となっている。組み合わせる「GT Race」ホイールはダークフィニッシュ仕様だ。ブレーキには、ブレンボ製キャリパーと、ディスク径320mmのバイマテリアルディスクが採用されている。

 内外装はオレンジの差し色が特徴的だ。外観ではブレーキキャリパーやリヤピラーのフラッグディテールに、そして内装ではステアリングホイールの12時位置のマーキングやシートステッチなどに用いられ、A110S独特の雰囲気を発散している。

 ボディカラーはブルー アルピーヌ・メタリック、ブラン イリゼ・メタリック、グリ ネール マット(40万円高の有償カラー/受注生産)の3色を設定している。

 なお、A110の先行予約は2020年2月9日の23:59まで、アルピーヌ・ジャポンの公式WEBサイトで受付中だ。

●アルピーヌ・ジャポン公式 WEBサイト

情報提供元:MotorFan
記事名:「 アルピーヌ A110Sが日本上陸! 292psを発揮する1.8Lターボ搭載で税込899万円