日産自動車株は30日、新型EVレーシングカー「NISSAN LEAF NISMO RC」を、東京銀座にあるニッサンブランドのグローバル発信拠点「NISSAN CROSSING(ニッサン クロッシング)」で初公開した。NISSAN LEAF NISMO RCは、日産のモータースポーツを担うNISMOのレーシングテクノロジーによって開発され、前型の2倍以上の最高出力と最大トルクを発揮する。

 新型NISSAN LEAF NISMO RCは、市販の日産リーフのドライブトレーンを主要パーツに使用して作り上げたレーシングコンセプトだ。前型のリーフでも同様のNISSAN LEAF NISMO RCを製作している。将来、ワンメイクレースなどの展開が期待されるが、現状ではあくまでも日産の「ニッサン・インテリジェント・モビリティ」の取り組みを表現するためのコンセプトという位置づけだ。



 前型と同様に新型NISSAN LEAF NISMO RCはCFRP(カーボンコンポジット)製のモノコック構造に同じくCFRPで補強されたサブフレームを持つ生粋のレーシングマシン構造だ。前型がモーター1基だったのに対して、新型は前後に2基のモーターを積む。最大トルクは640Nmとなり、0-100km/h加速は前型より50%も速い3.4秒となっている。

 新開発の4輪駆動システムは、可変前後駆動力配分となっている。

■前輪への出力は:120kW〜−80kW

■前輪への駆動力配分:40%〜50%



■後輪への出力は:120kW~-60kW

■後輪への駆動力配分:50%~60%



 の間で可変。前後輪とも「マイナス」の出力を使うことでモーター駆動4WDならでは操縦性・安定性を実現している。現状ではESC(電子制御スタビリティコントロール)もABSも採用していない。



 スリーピース構造の車体には、脱着可能なフロント・リヤセクション、固定式のウィンドウ、LEDヘッドライトとテールライト、舗装路で理想的なダウンフォースを発生させるために調整可能なリヤウィングを搭載。袖ヶ浦スピードウェイでのテスト走行では、R35 GT-Rより速いタイムを叩き出しているという。

 新型NISSAN LEAF NISMO RCはフォーミュラE選手権の他、世界各国で行われる主要モーターショーやイベントで展示する予定だ。。6台を製作する予定で、2台は日本、2台は北米、2台は欧州に置いて世界各国で活用するという。

新型LEAF NISMO RC

新型LEAF NISMO RC

全長×全幅×全高:4546×1942×1212mm

ホイールベース:2750mm

車重:1220kg

重量配分(Fr):43%

モーター個数:2

最高出力:240kW

最大トルク:640Nm

前型 LEAF NISMO RC

前型 LEAF NISMO RC

全長×全幅×全高:4446×1942×1212mm

ホイールベース:2600mm

車重:920kg

重量配分(Fr):41%

モーター個数:1

最高出力:100kW

最大トルク:280Nm

 新型と前型を比べるとボディサイズが全長で100mm拡大。

 モーターが2基になって最高出力は100kWから240kWへ、最大トルクは280Nmが640Nmになった。バッテリーの搭載量が増えたこともあって車重は300kg重くなっている。



 前型も市販車のリーフのデザインモチーフを上手に使っていたが、新型もそれは同じ。現行リーフのスタイリングとの共通点を感じさせつつもレーシングコンセプトらしいかっこよさをうまく表現している。

情報提供元:MotorFan
記事名:「 最大トルク640Nm。0-100km/h加速は3.4秒。R35GT-Rより速い新型EVレーシングカー「NISSAN LEAF NISMO RC」を初公開