「Mapfan」といえば、国内の代表的地図メーカー、インクリメントP株式会社が開発&運営する、iOS/Android向けの本格的カーナビアプリ。そのアプリが、嬉しいことに、豪雨により甚大な被害を受けた被災地の支援活動や位置確認に役立ててもらおうと、なんと、無償提供されるというのだ!

 死者が、なんと200人を超え、一時は2万人以上が避難を強いられるという、未曾有の水害に見舞われた、西日本豪雨。今もなお、行方不明者が60人を超え、2,000人以上が避難所で暮らしているというからただ事じゃない。すでに各方面からの支援活動が続いているが、橋の陥落や土砂崩れによる道路の寸断などで、思うように進んでいないというのが現状だ。



 そこで、ぜひ、利用して欲しいのが、このカーナビアプリ。日本人のほとんどが持っているスマホ上でさくさくと動くので、いろいろな活動に役立つことは間違いない。アプリ自体は通常も無料だが、いろいろな機能を使うためには本来は400円/月額が必要。それが約1ヶ月半、無料で使えると言うから、こいつはダウンロードしない手はありません。



 下記の要項をよく読んで、さっそく、活用させてみよう!

「MapFan」の詳細はこちら!

■対象サービス:iOS/Android向け本格カーナビアプリ「MapFan」

■実施期間:2018年7月13日~2018年8月31日

■価格

・Appダウンロード:無償  

・App内課金オプション:月額定価400円 ⇒ 無償

■期間中無償でご利用いただける機能:全機能

◆期間中無償となる機能

・オフライン地図データのダウンロード

・VICS情報表示および渋滞考慮ルート検索

・オービス情報表示およびオービスアラート

・駐車場満空/ガソリンスタンド価格検索

  ※期間終了後、ダウンロードした地図データはそのままお使いいただけますが、

   VICS、オービス、駐車場満空/ガソリンスタンド価格検索はご利用いただけなくなります。

■オフライン地図データダウンロード時の制限事項

 ダウンロードにはWi-Fiネットワークに接続する必要があります。

 ダウンロードには地図データ保存先によって異なりますが、一時的に最大で約6.5GBの空き容量が 必要です。オフライン地図データ自体の容量は約5.8GBです。
動作環境の確認はこちら!iOSのダウンロード方法 App Store>カテゴリ>ナビゲーション>MapFan Androidのダウンロード方法 Google Pay>カテゴリ>地図&ナビ>MapFan

☆「MapFan」といえば、carozzerriaカーナビ上で動く、オービス対策アイテムも見逃すな!

カロッエリアのカーナビ画面にオービスポイントを表示。高速は手前2kmから、一般道は手前1kmから段階的に警告音で注意喚起してくれます。

オービスROM CNAD-OP19Ⅱ カーナビに挿入してCD-ROMに収録されたオービスデータをインストール。希望小売価格3,000円(税別) 
オービスSD CNAD-OP19ⅡSD カーナビに挿入してSDカードに収録されたオービスデータをインストール。希望小売価格 4,800円(税別)


オービスライブ CNAD-OP19ⅡDL  専用ソフト「ナビスタジオ」、またはカーナビ本体から通信でオービスデータをダウンロードし、カーナビにインストール。希望小売価格 2,000円(税別)

 オービスとは、各高速道路や幹線道路などで、無人でスピード違反を取り締まっている、いわゆる「自動速度取締装置」のこと。現時点で全国520ヵ所に設置されており、1年間で約4万人がこのオービスの取り締まりを受けているが、それでも全速度取り締まり件数のわずか3%と、その取り締まり効率は決してよくない。

 そこで、警察庁が数年前から無人取り締まりの見直しを行い、目を向けたのが、ゾーン30を始めとする生活道路だ。すでに数ヶ所で新型の生活道路対応オービスがテストされ、内2ヵ所に常時設置。今後も小学校の近くや住宅街に順次、設置される予定だ。

 つまり、貴方の家の近所に突如、オービスが出現するかもしれないということ。今まではオービスに捕まるなんてどちらかというと非日常的な出来事だったが、例えば、「子供を小学校に迎えに行く」とか「ちょっとそこまでお買いもの」といった日常的なシチュエーションで、スピード違反で捕まる可能性が高くなる。もはや、一部のスピードマニアや飛ばし屋だけの問題じゃなくなるというわけだ。



 そこで、今後、さらに必須になりそうなアイテムが、オービス情報やネズミ捕り情報を搭載したレーダー探知機やカーナビゲーション。中でもこのOPTIONオービスROM(ライブ/SD)は、カーナビ(カロッツエリアAVICシリーズ)にインストールするだけでオービスの位置を表示してくれるだけではなく、事前に段階的に警告してくれるというすぐれもの。「あるのは知ってたけど、ついうっかり(^0^;)」なんてよくある凡ミスもこれで解消だ!

最新マップで最新情報をゲットしよう!

更新版のHDDナビゲーションマップ。ちなみに写真のCSND-7600は2013年~2015年発売のサイバーナビ用だ(2011年~2012年はCSND-6800)。なお、2010年以前の製品は更新対応期間を過ぎているので残念ながら更新できないということだ。詳細はカスタマーサポートセンターまで!

 このOPTIONオービスROM/SD/ライブ、実は、2017年以前に発売されたカロッツエリアのナビゲーションで使うには、最新の地図(2018年版)をインストールする必要があるが、地図は日々変わるものだけに、毎年、最新版に更新しておけば、「道路を走ってるのに画面上では海を走ってる」なんてこともなくなるし、オービス情報だけではなく、グルメや観光スポット情報も最新情報に更新されるので、充実したドライブを楽しめるというわけだ。

 もちろん、地図更新は基本的には有償となるが、無償、あるいは半額でゲットできる方法も用意されているので、興味のある人は下のURL.をクリック!

お得地図更新サイトはこちら!オービスより怖い新型移動オービスの話題はこちら!いますぐ、被災地の道路状況を知りたい人はこちら!
オービスの種類や最新交通取り締まり情報はこちら!

情報提供元:MotorFan
記事名:「 「西日本豪雨」による被災地での支援活動や万が一のサバイバルに有効な本格カーナビアプリが無償提供されるぞ!