インテリア攻略ガイド

乗車している時、常に目に見えていて、直接触れる機会が多いインテリア。ここをどう攻略するかで、そのクルマの性格が決まるといっても過言ではない。手軽な貼り物系から、交換タイプ、はたまた張り替えと、手を入れれば入れるほどその満足度はアップする。ここではインテリアの基本的なポイントを紹介しよう。

まずはグレードによる純正内装の違い

C-HRはハイブリッドとガソリンターボの2ラインに、それぞれ上級グレードのG/G-TとスタンダードのS/S-Tがラインアップする。内装関係は上級のGグレードとスタンダードなSグレードの2タイプとなり、Gグレードはリコリスブラウンとブラックの2トーン色。Sグレードはブラック一色となる。

Gグレード内装

Gグレード内装メイン画像
Gグレード内装サブ画像
Gグレードの特徴といえるのがリコリスブラウンを随所にあしらったこと。ダッシュボードやドア内張り部、コンソールボックスなどに配置され、さらにはシートにも採用される。ブラックの上級ファブリック部はダイヤステッチで立体感のある風合いを見せ、ブラウンの本革表皮と組み合わせることで独特の雰囲気を漂わせている。パワーウインドウスイッチパネルやシフトまわりにはピアノブラックを取り入れている。また、フロントのカップホルダーなどにはブルーのLEDイルミネーションが装備される。

Sグレード内装

Sグレード内装メイン画像
Sグレード内装サブ画像
2トーンカラーのGグレードに対し、Sグレードはブラック一色のシンプルなイメージ。Gグレードのピアノブラック部分は一部を除き通常のブラックとなっている。シートもブラックファブリック表皮のシンプルデザインを採用し、全体的なイメージは質実剛健。ドア内張りのボコボコとしたデザイン意匠などはGグレードと同様。Gグレード標準のLEDイルミネーションもなく、いじりがいのある仕立てとなっている。

ルームランプは両グレードともにバルブ仕様

ルームランプは両グレードともにバルブ仕様画像
最近のトヨタ車ではLEDが採用される場合もあるルームランプだが、C-HRではG/Sグレードともに通常のバルブが採用されているので、市販されているLEDバルブへの交換も容易。好みに合った色味に変更することが可能だ。純正オプションとしてもラインアップしているぞ。

C-HRルームランプバルブ型式表

フロント
フロントパーソナルランプ T10(12V5W)
バニティミラーランプT 10(12V8W)
グローブボックス LED
カップホルダーイルミネーション LED
フロントドアトリムイルミネーション LED
ミドル
天井ルームランプ T10×31(12V8W)
リア
ラゲッジルーム T10(12V5W)

※ここで紹介しているバルブ型式は、同車種でもグレード等によって異なる場合があります。ご購入の際は必ず取扱説明書やショップでご確認下さい。

G グレードにはLED間接照明

上位グレードのG・G-Tにはシフト前後のカップホルダーとドアトリム部にLED間接照明が標準で装備される。このイメージに合わせ、他の個所にも施工すれば、さらなる夜間の上質な室内空間を演出できるぞ。

ハイブリッド車には純正オプションでAC100Vコンセント

ハイブリッド車には純正オプションでAC100Vコンセント画像
G、Sのハイブリッド車にはメーカーオプションとして家庭用と同じAC100V・1500Wのコンセントを配置することも可能。パソコンなどの電化製品に対応し、走行中に使用できる。また、停電などの非常時に活用できる非常時給電システムも設定。アウトドアでも活躍してくれるぞ。また全グレードにDC12V・120Wのアクセサリーソケットが標準装備されている。

INTERIOR DRESS UP POINT

さて、ここでは具体的な個所を示し、そのトレスアップ方法を検討しよう。まずは基本となるインテリアパネルやシートなど、変わった感を味わえる場所からスタートし、そのイメージに合わせて他の部分をカスタムするのが常套手段といえる。まだ、発売間もない車種のため、他車のようにアイテムが豊富とはいえないが、今後続々と開発される予定。パーツがなければ、アイデアで勝負だ。
INTERIOR DRESS UP POINT画像1
INTERIOR DRESS UP POINT画像2

1 ステアリング

ステアリング画像
G /Sグレードともに純正でピアノブラック加飾の本革巻き3本スポーツステアリングを標準装備するC-HR。スイッチパネルカバーなどでイメチェンも可能。間もなく純正エアバック交換タイプのステアリングも登場する予定だ。

2 シート

シート画像
Gグレードでは電動ランバーサポートが標準装備され、腰への負担を軽減して快適な長距離ドライブをサポートしてくれる純正シート。その性能を生かすならシートカバーがオススメ。セミバケットシートなどへの交換も可能だ。

3 インテリアパネル

インテリアパネル画像
Gグレードはピアノブラック、Sグレードはセンターパネル以外がブラック基調となる。お手軽な貼り付け系アイテムでイメチェンを図ることが可能だ。ウッド調のインテリアパネルやカーボン調カッティングシートなど、好みに合わせてチョイスできる。

4 プッシュスタートスイッチ

プッシュスタートスイッチ画像
味気ない純正のプッシュスタートスイッチも色味を変えたりするだけで、ひと味違ったイメージに仕上がる。お手軽アイテムだが、いつも必ず触れる部分だけに、差別化を図るにはもってこいの部分といえるだろう。

5 ドア内張り

ドア内張り画像
C-HRのドア内張りはファブリック素材ではなく、ダイヤモンドカット形状にデザインされたパネルとなり、Gグレードはリコリスブラウン、Sグレードはブラックとなる。この部分のカラーチェンジ、レザー貼りなどでより上質感を追求できる。

6 LED加工

LED加工画像
Gグレードは標準でカップホルダーやドアトリム部にLEDイルミネーションが装着されるが、そのイメージに合わせて他の場所にLEDを施工するのもあり。また、イルミネーションの純正LEDを打ち替えて色味を変えたりすることも可能。

7 スカッフプレート

スカッフプレート画像
純正オプションでラインアップされているスカッフプレート。車名ロゴもいいのだが、より個性を際立たせるオリジナルロゴを入れることができるカーボン調シートなども登場していて、足元からドレスアップすることができる。

8 フロアマット

フロアマット画像
ドレスアップはまず足元から! ドレスアップ効果だけでなく室内の汚れ防止にも役立つのがフロアマット。車両購入時に付いてくるイメージだが、自分好みにデザインやカラー、機能を考慮してチョイスしたい。

(ドレナビ)

情報提供元:ドレナビ
記事名:「グレードごとの仕様違いもまるわかり! C-HRインテリア攻略ガイド(ルームランプバルブ一覧付き)