彩の国埼玉に、「これでもか!」というほどにラテンなクルマが集う“特別”な1日。

文化の日でもあった去る2019年11月3日(日)、埼玉スタジアム2002の駐車場にて、『埼玉イタフラミーティング2019』がおこなわれました。

イタリア車とフランス車…どちらも“ラテン車”とひとくくりにされがちですが、国が違えばその文化は似て非なるモノ。

ドイツ車の質実剛健さとはまた異なった、独特の魅せ方や性能が持ち味で、いわばちょっと個性派に分類されるであろう、イタリアとフランスのモノ創り。

ピニンファリーナやジウジアーロといった、垂涎オーラがそこかしこからただよってくるのも、さすがイタフライベント。

みなさまの「気になる1台」が見つかるかもしれません!

埼玉イタフラミーティング2019

アブない色香とラフさが魅惑のイタリア車

今回イタリアンラインナップの大半を占めたのは、アルファ ロメオとフィアット500(およびその派生のアバルト)。

とりわけ色ごとにズラっと並んだ500は、小さいながらも大迫力!

美しく官能的でもありながら、適度に親しみやすさを醸し出す、“人たらし”なイタリア車。

オーナーさんとクルマが互いに染まり合い、自由を謳歌しているかのように映りました。

埼玉イタフラミーティング2019

埼玉イタフラミーティング2019

▲500(チンクェチェント)ファミリーが一同大集合。ベースであるフィアット500やアバルト595などが、同一カラーでズラリ…!

埼玉イタフラミーティング2019

▲色違いが揃っているのも絵になります

埼玉イタフラミーティング2019

▲500と言えば彼らも忘れてはなりません。おっとこちらにもサソリの息がかかった個体が!真ん中の少し大きい個体は600(セイチェント)

埼玉イタフラミーティング2019

埼玉イタフラミーティング2019

▲レア車発見!イタリアのボートメーカーであるリーヴァ社とコラボした限定車両、695リヴァーレ。ハッチバックとカブリオレ合わせて日本に150台しかありません

埼玉イタフラミーティング2019

埼玉イタフラミーティング2019

埼玉イタフラミーティング2019

▲こんなに官能的でどうしたらよいのでしょう…(笑)。筆者の会場到着時、真っ先に話しかけてくださったアルファ ロメオ 146のオーナーさんに、エンジンルームを見せていただきました!サムコの真っ赤なラジエーターホース、萌えポイント高し!

埼玉イタフラミーティング2019

▲こちらはフルノーマルの146。純正ヘッドカバーも色っぽいですね~!オイル注入口もオシャレ!

埼玉イタフラミーティング2019

埼玉イタフラミーティング2019

▲アルファ ロメオ 145は右ハンドルが正規輸入されたため、左仕様は貴重なのだそう

埼玉イタフラミーティング2019

【全文を読む】

あわせて読みたいオススメ記事