先日、ドイツでも史上最高気温を記録するなど、歴史的な熱波に襲われていたヨーロッパ。8月に入ってからは暑さは落ち着き、過ごしやすい夏の天気が戻ってきました。

今回は、さる8月4日。ベルリンのシュパンダウ区で行われた「Oldtimer Open Air」というクラシックカーのイベントについて紹介します。当日は北ドイツらしいさわやかな晴天に恵まれ、多くの来場者で賑わっていました。ベルリンはクラシックカーのイベントが頻繁に行われますが、その中でも特にのんびりとした雰囲気が特徴のこのイベント。普段の記事より写真を増量してお伝えしていきます!

もともとは別の街だったシュパンダウ区

今回の「Oldtimer Open Air」が行われたのは、ベルリンの12区ある行政区のひとつ、シュパンダウ区にある「Zitadelle Spandau」(シュパンダウ城塞)という史跡の中。建造されたのは1557年から1597年という非常に古い城塞で、かつては監獄や刑務所として使用されたり、第二次世界大戦期には軍による毒ガスの研究施設が置かれたりと、暗い歴史を持ちます。

第二次世界大戦時に破壊を免れた貴重な史跡のひとつで、現在は歴史博物館があるほか、夏の間は中央広場を野外コンサート場として利用しており、多くのミュージシャンが演奏に訪れます。

シュパンダウ区は、ベルリンの中心部からバスや電車で20〜30分かかることや、もともと別の街だったシュパンダウが1920年にベルリンへ併合されたという歴史もあり、街の雰囲気は他のベルリンの地区とはまったく異なります。もっと素朴で、穏やかで、のんびりとした雰囲気といったらイメージしやすいでしょうか。

「Oldtimer Open Air」もそんなシュパンダウ区の雰囲気が反映された、ゆったりとした雰囲気のイベントでした。城塞の史跡の中にクラシックカーがずらりと並ぶ様子は、ドイツでもなかなか見られないもの。入場料は10ユーロ(約1,200円)で、城塞の見学も可能です。

会場で見かけた珍車、名車

ずらりと並んだオペル・GT。この写真に写っている以外にも3台が訪れていて、計6台ものオペル・GTが集合している様子は圧巻でした。オペル・GTは1968年から1973年にかけて生産された2シーターのスポーツカーで、日本へも東邦モーターズによって輸入販売が行われていた歴史があります。

【全文を読む】

あわせて読みたいオススメ記事