試乗可能な「広報車」というモノが基本的には存在しない中古車の試乗レポート第3弾、今回は1989年式ポルシェ911カレラtype930、いわゆる930(キューサンマル)である。

第一印象良しなミツワ物のタイプ930カレラ

まずは当該中古車の基本スペックからお伝えしよう。試乗車両は横浜市のガレージカレントが販売する1989年式911カレラtype930。車両価格は797.9万円で、試乗時点での走行距離は10.8万kmだ。

このモデルの当時正規インポーターだったミツワ自動車が日本へ輸入したいわゆるディーラー車で、整備記録簿によれば、納車後はミツワ自動車のファクトリーにて点検および整備を定期的に受けていた模様。オーナーが変わった後も、カレントテックセンター(ガレージカレントの自社ファクトリー)などで定期的なメンテナンスを受けている。

外装および内装のコンディションは、年式から考えると「なかなか良好」と言える。もちろん中古車ゆえ「新車同様の美しさ!」みたいなものではないが、丁寧に使い込まれた上質な道具ならではのシブさが感じられる、といったところだろうか。古い中古車にはありがちな「車内にこもった嫌なニオイ」もほぼ皆無と言っていいだろう。

リアに搭載される空冷水平対向6気筒エンジンは一発で始動し、アイドリングの不穏な揺れや、エンジンマウントなどの劣化に伴う不快な振動もない。もちろんまだ断言はできないわけだが、この個体に対する第一印象は「優または良!」である。

余談になるかもしれないが、中古車を選ぶ際、筆者はこのような「第一印象」をけっこう大事にしている。その個体を見た初期段階における印象と、細部をチェックした後おおむねわかった事実は、たいていのケースで一致しているからだ。もちろん百発百中ではないが、これまでの経験によれば「百発九十九中」ぐらいではある。

中古車としてのコンディションはおそらくかなり良好

閑話休題。まずは事務的に話を進めていこう。

先ほど申し上げたとおり、始動時におけるエンジンやエンジンマウント類の状態はおおむね良好であると推測された。そして走り出してみても、その印象は変わらない。いや走れば走るほど、「なかなか良い中古車ではないか!」との印象が溢れかえってくる。

【全文を読む】

あわせて読みたいオススメ記事