本格的な夏もすぐ! 夏に見頃を迎える花の代表といえば、そう、ヒマワリです。ヒマワリの定番カラーは黄色ですが、大輪の黄色のヒマワリの花言葉は「憧れ」「にせ金持ち」。なんだか両極端でユニークですね(笑)。また、同じ黄色でも黄色が淡いサンリッチレモンの花言葉は「願望」、小ぶりのサマーチャイルドの花言葉は「元気な子ども」と、種類によって違いがあります。
今回は昨日の〈関西編〉に続き、「ヒマワリ鑑賞の名所に行こう!〈関東編〉」をご紹介します。最盛期を確認のうえ、夏のおでかけの参考にしてくださいね。

大輪の黄色のヒマワリの花言葉はユニークです!

大輪の黄色のヒマワリの花言葉はユニークです!


熊谷スポーツ文化公園(埼玉県熊谷市)/最盛期・7月下旬~8月上旬

テニスコートやフットサルコート、陸上競技場があり、多目的で利用できる埼玉県熊谷市の「熊谷スポーツ文化公園」。公園内のセラピーガーデンと呼ばれるエリアでは、7月下旬~8月上旬に約2万5000本にヒマワリが咲き誇ります。
例年の期間中「ひまわり摘み取りイベント」が行われていますが、昨年はヒマワリを1人上限5本までで摘み取りができたそう。園内には子どもが遊べる「子供の広場」や、櫓(やぐら)を中心に回廊をイメージした「大型遊具」などもあるので、親子で楽しめますね♪
熊谷スポーツ文化公園
■所在地/埼玉県熊谷市上川上300
■アクセス/【電車】JR高崎線「熊谷」駅から「熊谷スポーツ文化公園行き」バスで、「熊谷スポーツ文化公園」バス停下車、「熊谷ラグビー場」まで徒歩約2分
※営業時間や詳細情報、イベントなどは諸事情により変更される場合もありますので、お出かけの際は事前に公益財団法人埼玉県公園緑地協会熊谷スポーツ文化公園オフィシャルサイトをご確認ください

※画像はイメージです

※画像はイメージです


座間市ひまわり畑(神奈川県座間市)/最盛期・7月下旬~8月中旬

ヒマワリが「市花」に認定されている座間市の「座間市ひまわり畑」。ここでは、毎年7月下旬から8月中旬にかけて、市内2カ所(栗原会場は約10万本、座間会場は45万本)であわせて約55万本のヒマワリが咲き誇ります。その規模から「座間市ひまわり畑」は「かながわの花の名所100選」にも選ばれた実績をもつヒマワリ畑としても知られます。
期間中は例年「ひまわりまつり」が開催され、写真コンテストをはじめ、座間市の切花・農産物・特産品などの販売やアユのつかみどりも♪ ゆったり優雅にヒマワリを鑑賞したい人は、来場者が少なくて気温もまだ低めの午前中がベストタイムですよ!
座間市ひまわり畑
■所在地/神奈川県座間市(市内2カ所)
■アクセス/【電車】(座間会場)小田急線「相武台前」駅から9時~15時30分まで約20分間隔で臨時路線バスを運行(栗原会場)小田急線「相武台前」駅よりから「ひばりが丘経由南林間行き」バスで「座間総合高校前」バス停下車徒歩1分
※営業時間や詳細情報、イベントなどは諸事情により変更される場合もありますので、お出かけの際は事前に座間市役所オフィシャルサイト・座間市観光協会オフィシャルサイトをご確認ください)

ヒマワリが市花に認定されている座間市の「座間市ひまわり畑」

ヒマワリが市花に認定されている座間市の「座間市ひまわり畑」


長井海の手公園ソレイユの丘(神奈川県横須賀市)/最盛期・7月中旬~8月下旬

神奈川県横須賀市の相模湾に面丘陵地帯に位置する体験型農業公園「長井海の手公園ソレイユの丘」。7月中旬~8月下旬に同地に出現するのは、6種類・約10万本のひまわり畑です!
同園は一年を通して四季折々の花々が咲くことでも知られますが、「ソレイユ」の意味は「太陽」ですので、同園を代表する花のひとつであるひまわり畑は必見。夏のソレイユを浴びた元気なヒマワリに会いにいきましょう!
また同園では、「ヒマワリ冷やし中華」や「ヒマワリタピオカジュース」など期間限定のメニューも発売されます。そのほか、園内で栽培された野菜の収穫体験や、園内で栽培された野菜を使った料理をいただけるレストランも。さらに地元の海産物を堪能したいなら、浜焼きバイキングのレストランもおすすめ。おなかいっぱいになったら、カピバラやカンガルーと戯れて、癒やしタイムを満喫してみては!
長井海の手公園ソレイユの丘
■所在地/神奈川県横須賀市長井4丁目地内
■アクセス/【車】三浦縦貫道路「林」出入口より約4キロメートル
※営業時間や詳細情報、イベントなどは諸事情により変更される場合もありますので、お出かけの際は事前に長井海の手公園ソレイユの丘オフィシャルサイトをご確認ください

太陽の下で元気いっぱいに咲くヒマワリ。「長井海の手公園ソレイユの丘」

太陽の下で元気いっぱいに咲くヒマワリ。「長井海の手公園ソレイユの丘」


成田ゆめ牧場(千葉県成田市)/最盛期・7月上旬~8月下旬

千葉県成田市に位置する「成田ゆめ牧場」は、東京ドームの約7個分の敷地面積約30万平方メートルを誇ります。同牧場では会場ごとに開花時期がずれるよう、会場ごとにひまわりの生育が調整されていて、期間総数・11万本のひまわりを楽しめます。
7月上旬~8月下旬の2カ月の間、それぞれテーマが設けられた8つの会場では、大人の背丈ほどあるひまわりで造られた「ひまわり迷路」や、牧場内にいる羊やヤギがひまわり迷路をのんびり散策(!?)するイベントや、コスプレしたユニークなひまわりなど、インスタ映えする写真スポットがたくさん! 期間ごとに違う楽しみ方があるためリピート必至……といわれる人気スポットですが、公式HPを確認のうえ、参加したいイベントにあわせてお出かけするのもいいですね。
また、ヒマワリにちなんだメニュー「ひまわりキーマカレー」「チキン南蛮バーガー~ひまわり仕立て~」「ひまわりピザ」なども牧場内レストランでいただけます。期間限定メニューですので、ぜひこの機会にお試しあれ!
成田ゆめ牧場
■所在地/千葉県成田市名木730
■アクセス/【電車】JR成田線「滑河」駅から無料送迎バスあり
※営業時間や詳細情報、イベントなどは諸事情により変更される場合もありますので、お出かけの際は事前に成田ゆめ牧場オフィシャルサイトをご確認ください

広大な土地で満開に咲くヒマワリ畑がある「成田ゆめ牧場」

広大な土地で満開に咲くヒマワリ畑がある「成田ゆめ牧場」