17日(木)から18日(金)は、前線に伴う雨雲が日本付近を通過。このあと、次第に涼しい空気が流れ込む。

●天気の傾向

この先一週間も、日本付近は低気圧や前線の通り道に。
北海道は、低気圧が頻繁に通過するため、短い周期で雨が降るでしょう。
東北や北陸、関東から西は、17日(木)から18日(金)頃、前線の影響で広い範囲で雨となりそうです。前線に向かうように西から暖かく湿った空気が流れ込み、西日本では九州を中心に雨脚の強まる所もあるでしょう。その先は、前線が日本の南へ下がるため、晴れ間が広がってくる見込み。ただ、20日(日)から21日(月:敬老の日)は、低気圧の通過に伴って関東周辺で雨の降ることがありそうです。

●気温の傾向

18日(金)頃にかけて、広い範囲に前線の雨雲がかかるものの、気温は平年よりやや高い所が多いでしょう。東海から西は広い範囲で30度前後まで上がる予想で、関東や北陸、東北も一時的に暑さが戻りそうです。
前線の雨雲が離れる19日(土)以降は、季節が一歩前進。各地とも暑さが次第に和らぎそうです。朝晩は、西日本も含めて20度を下回る所が多く、肌寒くなるでしょう。これまで羽織る物の出番がなかった所でも、そろそろ用意しておくと良さそうです。