けさ(5日)、関東地方は放射冷却現象が強まって冷え込み、宇都宮では初霜が観測されました。昨年より10日早い観測です。

●宇都宮で初霜 平年より3日遅く 昨年より10日早い観測

けさ(5日)は、晴れて風が弱く、放射冷却現象が強まりました。このため、関東地方は内陸部を中心に冷え込みが強まり、今シーズン最も気温の下がった所が多くなりました。宇都宮では午前6時までに4度8分まで気温が下がり、宇都宮地方気象台で初霜が観測されました。平年より3日遅く、昨年より10日早い観測です。関東で初霜が観測されたのは今シーズン初めてです。昨シーズン関東で初めて初霜が観測されたのも宇都宮で、11月15日のことでした。
関東地方は、日中は20度くらいまで気温が上がり、暖かくなる予想です。宇都宮も18度まで気温が上がるでしょう。脱ぎ着しやすい服装でお出かけください。