大型の台風19号は、非常に強い勢力で、12日(土)夕方から夜にかけて東海地方または関東地方に上陸する見込みです。不要不急の外出は危険です。

●大型で非常に強い台風19号 勢力を保ったまま東海や関東へ

12日(土)午前6時現在、大型で大型で非常に強い台風19号は、日本の南を北上しています。風速25メートルの暴風域を伴っており、12日(土)夕方から夜にかけて、非常に強い勢力を保ったまま東海地方または関東地方に上陸する見込みです。その後、13日(日)にかけて温帯低気圧の性質を帯びつつ、速度を速めながら北東へ進むでしょう。
東海や関東を中心に既に台風外側の発達した雨雲がかかっています。12日は台風本体の雨雲がかかる前から風や雨が強まるでしょう。13日(日)は、東海や関東の雨は明け方までには止みますが、風が強い状態が日中いっぱい続く見込みです。北陸や東北、北海道の太平洋側を中心に大荒れになる恐れがあります。

●記録的な暴風・高潮の恐れ

午前6時前に静岡県石廊崎で最大瞬間風速32.7メートル、午前4時過ぎに伊豆諸島の神津島で30.9メートルを観測しました。
13日にかけて予想される最大瞬間風速は、東海地方、関東甲信地方60メートルと、家が倒壊するものもあるくらいの風です。先月9日、千葉では台風15号の影響で最大瞬間風速57.5メートルを観測しましたが、東京都心や静岡市で50メートル以上の風を観測したことは観測史上ありません。記録的な暴風になる恐れがあります。そのほか東北地方50メートル、近畿地方45メートル、北海道地方、北陸地方40メートルと、走行中の地ラックが横転するくらいの風です。中国地方、四国地方、九州北部地方35メートルと、固定されていないプレハブ小屋が移動、転倒するくらいの風です。不要不急の外出は避けて下さい。
13日にかけて予想される波の高さは、東海地方、関東地方、伊豆諸島13メートル、東北地方11メートル、近畿地方、四国地方10メートル、北海道地方、北陸地方7メートル、小笠原諸島、中国地方、九州北部地方、沖縄地方6メートルです。うねりを伴った高波に厳重に警戒して下さい。
台風の接近に伴って、13日(日)明け方にかけて、四国から東北の広い範囲で潮位が高くなる見込みです。特に、東海地方では、過去最高潮位を50センチ上回る所もあり、記録的な高潮となるでしょう。沿岸施設では重大な災害の恐れがありますので、厳重に警戒して下さい。

●大雨特別警報を発表する可能性も

台風周辺の発達した雨雲がかかり、午前5時5分までの1時間に静岡県伊豆市市山55.0ミリの非常に激しい雨を観測しました。13日にかけて四国から東北ではカミナリを伴った猛烈な雨や非常に激しい雨が降る見込みです。東海や関東を中心に記録的な大雨になる恐れがあり、大雨の状況によっては大雨特別警報が発表される可能性があります。13日午前6時までの24時間に予想される雨量は、多い所で、東海地方800ミリ、関東甲信地方、北陸地方500ミリです。東北地方、伊豆諸島400ミリ、近畿地方300ミリ、中国地方、四国地方200ミリ、北海道地方100ミリです。東京都心で24時間降水量の観測史上1位は392.5ミリで、昭和33年の狩野川台風の時です。関東の平野部でも記録的な大雨になる可能性はあります。土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に厳重に警戒して下さい。また、発達した雨雲の下では竜巻などの激しい突風の恐れがありますので、ご注意下さい。