15日(月)海の日は、九州から近畿では晴れ間の出る所が多いでしょう。東海から北海道にかけては、太平洋側を中心に雲に覆われ、所々で雨が降る見込みです。

●15日(月) 梅雨前線は南下し本州から離れる

15日(月)は、梅雨前線が南下し本州から離れるでしょう。九州には、移動性の高気圧が近づく見込みです。このため、雨の降る範囲は狭くなるでしょう。西日本では、晴れ間の出る所が多くなりそうです。

●15日(月)の天気

15日(月)海の日は、九州から近畿は日の差す所が多いでしょう。東海から北海道にかけては、太平洋側を中心に雲に覆われ、雨の降る所がありそうです。ただ、日中は雨が強く降ることはないでしょう。沖縄は、青空が広がる見込みです。
最高気温は、九州から東海は14日(日)より高く、30度以上の真夏日となる所もありそうです。水分をこまめに摂るなど、熱中症対策をしてください。北陸や関東から北海道は、14日(日)と同じくらいの見込みです。関東と東北の太平洋側では、この時期としては気温の低い状態が続くでしょう。