14日午後の東京市場でドル・円は108円30銭台と、動意の薄い値動き。次の材料を待つ状況で、積極的な売り買いは手控えられているもよう。日経平均株価はプラス圏を維持する一方、上海総合指数は軟調が続く。欧米株式先物も高安まちまちで、ドル・円は方向感の乏しい値動きになりやすい。

 ここまでの取引レンジは、ドル・円は108円27銭から108円40銭、ユーロ・円は122円09銭から122円27銭、ユーロ・ドルは1.1270ドルから1.1282ドルで推移した。

<FA>

情報提供元:FISCO
記事名:「東京為替:ドル・円は動意薄、次の材料待ちで