NY金先物8月限は小幅続伸(COMEX金8月限終値:1336.80 ↑5.60)。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物8月限は前日比+5.60ドルの1オンス=1336.80ドルで通常取引を終了した。時間外取引を含めた取引レンジは1329.80−1342.30ドル。この日発表された5月の米消費者物価コア指数(コアCPI)は前年比+2.0%にとどまり、市場予想を下回ったことが金先物相場の上昇につながったようだ。米中関係の緊張状態が緩和されていないことも材料視されたようだ。 <CS>

情報提供元:FISCO
記事名:「NY金:小幅続伸で1336.80ドル、5月米コアCPIは市場予想を下回る