12日の上海総合指数は買い先行。前日比0.36%高の3319.21ptで寄り付いた後は、日本時間午前10時42分現在、0.23%高の3314.80ptで推移している。習近平国家主席の長期安定政権が確実視されるなか、同政権が掲げる経済成長策が一段と進むと期待されている。また、海外市場の上昇や重要会議期間での相場安定観測なども支援材料となっている。

<AN>

情報提供元:FISCO
記事名:「(中国)上海総合指数は0.36%高でスタート、政策期待が高まる