ストップ高。アイ・ティ・アール(東京都新宿区)の調査レポートで、クラウド人材管理システム「カオナビ」が国内人材管理市場での売上金額推移及びシェアで、全体市場とSaaS型(クラウド)市場で1位を獲得したと発表している。18年度まで4年連続のトップ。20年3月期第1四半期(19年4-6月)の営業損益は「カオナビ」の成長で0.06億円の黒字(決算説明資料によると、前年同期は0.36億円の赤字)となった。通期予想は非開示。 <US>

情報提供元:FISCO
記事名:「カオナビ---ストップ高、第1四半期営業益が黒字浮上、人材管理システムが4年連続トップ