最新の資金調達ラウンドにより、製品イノベーションと革新的なS3ソリッドステートLiDARの量産が促進され、IPOプロセスの順調な進行が可能に

米カリフォルニア州サニーベール ----(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- LiDARセンサーとスマートセンサー・ソリューションの開発・製造で世界をリードするクアナジー・システムズは本日、世界的なトップクラスのファンドを主要投資家として評価額20億ドルを超えるシリーズCの資金調達を確保したと発表しました。



シリーズC資金調達により、当社はキャッシュフローと営業上の損益分岐点の計画見通しをはるかに超え、IPOプロセスを順調に進行させることができます。

クアナジーのソリューションに対する需要は引き続き好調で、収益は急速に増加し、予約注文は予測を超えています。製品とソフトウエアは快調なペースでの開発が続いています。今年は、膨大な量のS3ソリッドステート・センサーの注文に対応しました。急速なイノベーションにより、S3の屋外環境での視野(FoV)と距離は拡大を続けています。

取得済み特許7件と出願中の特許8件が示す通り、世界屈指の経験を持つ先進的なLiDARチームが率いるクアナジーは、自律走行車、スマートセキュリティー、産業オートメーション、3Dマッピングなどの幅広い用途を持つ低コストで高品質なコンパクト・ソリッドステートLiDARの開発を先導してきました。2017年末以来、シリコンバレーにある完全自動化製造ラインでのソリッドステート・センサー年間生産量は100万個となっていました。今回の資金調達ラウンドの完了により、資本準備金を増加させ、ハードウエア、ソフトウエア、スマートセンサー・ソリューションの技術開発と商品化のスピードを上げ、超大規模の製造施設の建設を進めることが可能になります。

クアナジーは年初より、数々の賞や認証を受けてきました。ジュニパー・リサーチの自動車・テレマティクス部門の年間ベスト消費者製品賞と、シリコンバレー商工会議所のLiDARセンサー技術部門の年間卓越イノベーション賞に続き、ISO 9001:2015認証を取得し、そしてソリッドステート・センサー製造に関するIATF 16949自動車製造要件を満たしたことで、当社の主力製品である車載グレードのS3 LiDAR量産で大きな前進を果たしました。

クアナジー最高経営責任者(CEO)のロエ・エルダダ博士は、次のように述べています。「当社の高度技術により、量産の場合のソリッドステートLiDARの価格は数百ドルに下がりました。シングルチップにセンサーを完全に統合した第3世代ソリッドステートLiDARを開発中です。現在クアナジーは、製造拡大をスピードアップし、量産製品で当社の強みを証明することに最も注力しています。」

クアナジー・システムズについて

クアナジー・システムズは2012年に設立され、光学、フォトニクス、光エレクトロニクス、人工知能ソフトウエア、制御システムの分野における当社チームの何十年もの経験を基礎としています。シリコンバレーの中心であるカリフォルニア州サニーベールに本社を置くクアナジーは、スマート・センシングのソリューションを提供しています。3D空間データのリアルタイム捕捉・処理および物体の検出・特定・分類・追跡のためのLiDARセンサーとパーセプション・ソフトウエアで、業界の中心的企業となっています。当社のセンサーは、価格、性能、信頼性、大きさ、重量、電力に関して破壊的影響を及ぼしています。当社のソリューションは、輸送、セキュリティー、工業オートメーション、3Dマッピング、鉱業、農業、ドローン、ロボット、スマート・スペース、3D認識スマート・デバイスを含む無数のセクターで利用でき、安全性、効率、生活の質の改善に貢献します。詳細情報については、www.quanergy.comをご覧ください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Quanergy Systems, Inc.
Ann Gargiulo
Sr. Director of Marketing Communications
+1-408-245-9500
media@quanergy.com

情報提供元:
記事名:「クアナジーが評価額20億ドルを超えるシリーズCの資金調達を完了