アソビモ株式会社 代表取締役 近藤 克紀による講演


アソビモ(ASOBI COIN)ブース1


アソビモ(ASOBI COIN)ブース2


講演の様子1

アソビモ株式会社(本社:東京都豊島区、代表取締役:近藤 克紀)は、2018年5月14日・15日の両日、アメリカ・サンフランシスコで開催されたB2Bモバイルゲームカンファレンス「POCKET GAMER CONNECTS(※)」にて、ICO「ASOBI COIN」のプロジェクト背景や内容を講演しました。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/156664/LL_img_156664_1.jpg
アソビモ株式会社 代表取締役 近藤 克紀による講演

「POCKET GAMER CONNECTS」は、B2Bモバイルゲームカンファレンスとしてヨーロッパ最大級のイベントです。今回はアメリカ・サンフランシスコで開催され、2018年9月はヘルシンキ、2019年1月はロンドンでの開催が予定されています。
講演では、アソビモ株式会社 代表取締役 近藤 克紀よりICO「ASOBI COIN」のきっかけとなる、ゲーム会社がブロックチェーンを利用する理由として「オンラインゲームではゲームアイテムを複製する不正行為が横行している。不正を防止し、ゲーム内のアイテムを安全に管理するためにブロックチェーンの活用を進めている」と説明しました。
さらに、そのシステムを応用した、デジタルコンテンツ全般の保護・流通プラットフォーム「ASOBI MARKET」を説明。「ブロックチェーンを使って、デジタルコンテンツの所有権を明確にすることで、モノと同じように安全に二次(中古)流通できるマーケットを作る」とコメントしています。
また、講演ではICO「ASOBI COIN」のアドバイザーを務めるAndre Rupp(The NAGA Group AG Director of Business Development)のビデオを紹介。この中でAndre Ruppは次のようにメッセージを寄せています。
「私が知っている限りのICOプロジェクトの中で、もうすでに沢山のユーザーを持った本当の(リアルに存在する)実際にゲームをリリースしている大手ゲーム会社はアソビモだけだと思います。ブロックチェーンを使用しているゲーム会社はとても少なく、私が知っている限り、アソビモのような(リアルな)ゲーム会社は他にありません。アソビモにとって良いチャンスですし、いい方向に進んでいると思います。」
ICOトークン「ASOBI COIN」およびデジタルコンテンツの保護・二次流通プラットフォーム「ASOBI MARKET」については、「ASOBI COIN」公式サイトをご覧ください。
ASOBI COIN 公式サイト: https://asobimo.io/


※「POCKET GAMER CONNECTS」サンフランシスコ
http://www.pgconnects.com/sanfrancisco/


■会社概要
アソビモ株式会社は、スマートフォン向け3D MMORPG(大規模多人数同時参加型オンラインRPG)を中心に自社開発・自社運営を行っているゲームメーカーです。2007年にフィーチャーフォンでサービス開始した「イルーナ戦記オンライン」をはじめ、「アヴァベルオンライン」「トーラムオンライン」などのタイトルにおいて、日本・アジアを中心にグローバルでサービス提供しています。

会社名 : アソビモ株式会社(ASOBIMO,Inc.)
所在地 : 〒171-0014 東京都豊島区池袋3-1-2
代表者 : 代表取締役 近藤 克紀
事業内容: オンラインゲームの自社開発
URL : https://asobimo.com/

情報提供元:@Press
記事名:「安全な管理のため、ゲーム会社がブロックチェーンを利用 B2Bモバイルゲームカンファレンスのイベントにて代表講演