誰もが1度や2度は経験したことがある痔の痛み、我慢するしかないあの瞬間は、本当につらいですよね。

大王製紙株式会社が、痔の痛みに悩みがあると回答した20~40代男女500名を対象に、痔の痛みと行動に関する調査を行ったところ、痛みに強いストレスを感じている人が多いことが分かりました。

痔の痛みは7割超がストレス!
20~40代男女1,786名に「痔に関する悩み」があるか聞きました。その結果、少しでも悩みがある人も含めると6割が「ある」と回答し、悩みを感じる人の多さがわかる結果に。そこで、悩みを感じている人500名に絞り「痔の痛みに対してストレスを感じることがあるか」と質問すると、7割超が「ある」と回答しました。

また、痔の痛みについて聞くと、「ふだんからおしりの状態に気を使って生活している」と回答した人が約6割も見られる結果となり、多くの人が痔の痛みに対してストレスを抱え、気を使いながら生活していることがわかりました。

そのストレスの大きさを表現してもらうと、「家事や育児に追われるストレスよりも大きい」(32歳女性)、「仕事で上司に怒られるストレスよりもダメージが大きい」(28歳男性)など、日常的にこなす家事・育児や仕事などよりもストレスが大きいと回答した人も。「相談のしにくさや病院への行きづらさによるストレスや不安は、毎日の電車通勤のストレスより大きい」(27歳女性)、「まわりに相談できない分、職場などでは骨折よりつらい」(39歳男性)という意見も聞かれ、周囲へ相談しづらいこともストレスの大きさにつながっているようです。

そこで、「痔の痛み」が他の悩みと比較して周囲の人に 相談しづらいと思うかきくと、8割超が「そう思う」と回答。なかなか人に相談できない悩みなだけに、ストレスもより大きいようです。

痔の痛みでシャワートイレを探すように
痔の痛みがあることで、日常生活にどのような変化が起きているかを質問すると、1位に「シャワートイレ付きのトイレを探すようになる」 (47%)、2位に「トイレットぺーパーの紙質にこだわるようになる」(40%)という回答が集まり、「トイレ」時の行動・意識が変化する人が多いことがわかりました。

シャワートイレやトイレットペーパーの紙質が気になる背景には、トイレでのおしりの「こすり拭き」にも一因があるようで、「おしりをこすって拭いたことで、患部を刺激するなどつらい経験をしたことがある」人が約7割も見られました。

「エリエール シャワートイレのためにつくった吸水力が2倍のトイレットペーパー」
「エリエール シャワートイレのためにつくった吸水力が2倍のトイレットペーパー」は、シャワートイレでおしりを洗ったあと、こすらずおしりにポンとやさしくあてることで吸水できるため、拭き取り時、痛みをやわらげるやさしいトイレットペーパーです。

シート間に吸水性能と安心の厚みをもたせるため、エリエール独自のエンボス加工を施しています。高い吸水力と水にぬれても破れにくい丈夫さを実現しているため、痔で痛むお尻もそっとやさしく拭ってきれいにできます。

痛い痔は我慢せずに病院で早めに治療を受けるのがベストです。しかし「そんな時間もない」「どうしても恥ずかしい……」という人は、トイレットペーパー選びを工夫して、痛みのストレスを和らげてはいかがでしょうか。

【参考】
※公式サイト
https://www.elleair.jp/products/toilet/shower-toilet_2times.php

情報提供元:WomanSmartLife
記事名:「痔の痛みによるストレスは「家事・育児に追われること」以上!?