都市生活にはない「不便さ」を楽しむのがキャンプの醍醐味とはいえ、テントサイトの設営後やアクティビティを満喫した後は、できればお風呂に浸かってさっぱりしたいですよね? 特に暑い季節に行くキャンプではお風呂事情は気になるところ。

そこで、日本全国の“お風呂に入れるキャンプ場”を一挙にご紹介。今後も随時更新予定なので、ブックマークがおすすめです!

【北海道】オートリゾート苫小牧アルテン

サイト数200以上!北海道最大級のオートキャンプ場。

236万㎡と広大な面積の錦大沼公園内に位置し、その広さは北海道随一。200区画以上もある多彩なテントサイトと充実設備の宿泊施設を持ち、道内では珍しい冬でも営業しているキャンプ場として人気のスポットです。

場内には源泉かけ流しの露天風呂の他お風呂の種類が豊富なスパ「ゆのみの湯」があり、キャンプ利用者は1度利用チケットを購入すれば最大3日間まで入り放題なのも嬉しいポイント!

もっと“オートリゾート苫小牧アルテン”を知りたい方はこちらをチェック!

■オートリゾート苫小牧アルテン
・場所:北海道苫小牧市字樽前421番地4
・tel:0144-67-2222
・営業期間:通年
・キャンプ場公式サイト:http://www.dp-flex.co.jp/arten/index.php

 

【福島県】エンゼルフォレスト那須白河

全サイト犬連れOK!整備の行き届いたフィールドが人気。

福島県の羽鳥湖高原にあるエンゼルフォレスト那須白河は、東京ドーム42個分もの広大な敷地を持つスポット。水捌けが良いと評判の砂利敷きのテントサイトは、全てのサイトで犬連れ可能!大きな人工湖や広いドッグランもあり、年間を通して愛犬と楽しく過ごせるスポットです。

場内の温泉「彩光の湯」は、東北屈指の美人の湯と名高い温泉。露天風呂や内風呂の他、家族で入れる水着着用エリアや室内プールもあり、その全てが滞在中は入り放題!犬専用の温泉施設もあり、愛犬の毛艶が良くなると評判です。

もっと“エンゼルフォレスト那須白河”を知りたい方はこちらをチェック!

エンゼルフォレスト那須白河
・場所:福島県岩瀬郡天栄村羽鳥字高戸屋39
・tel:0248-85-2525(代表) 0248-85-2552(予約専用)
・営業期間:通年
・キャンプ場公式サイト:http://www.ang-f-ns.com/index.html

 

【福島県】ふくしま県民の森フォレストパークあだたら

 居心地の良いフィールドと、あだたら山系を一望できるロケーションが魅力。

名山「安達太良山」の麓に位置し、広大なフィールドとバリエーション豊富な宿泊施設が人気!広々とした区画サイトは木々で隣との目隠しの役割を果たし、全てのテントサイトは水はけの良いビリ(子砂利)を使用。キャンパーの「あったら嬉しい」を叶えてくれるスポットです。

日帰り入浴施設としても人気のお風呂は、自慢の天然温泉。キャンプ利用者なら、無料で何回でも温泉に入ることができちゃいます。

もっと“ふくしま県民の森フォレストパークあだたら”を知りたい方はこちらをチェック!

■ふくしま県民の森フォレストパークあだたら
・場所:福島県安達郡大玉村玉井字長久保68
・tel:0243-48-2040
・営業期間:通年
・キャンプ場公式サイト:http://www.fpadatara.com/

 

【栃木県】キャンプラビット

全面林間の大型オートキャンプ場。

栃木県那須町の高原にあるキャンプラビットは、12000坪の広大な敷地に150区画もの林間サイトを持つオートキャンプ場。テントサイトは小砂利が敷きつめられていて、水はけもバツグン!全サイト直火OKだから、じっくり焚き火を楽しめます。

自慢の貸切露天風呂は、沸かし湯ではありますが、かけ流しで常に清潔。家族でゆっくりと情緒たっぷりの旅館気分を味わえます。

もっと“キャンプラビット”を知りたい方はこちらをチェック!

キャンプラビット
・場所:栃木県那須郡那須町大字豊原丙4387-1
・tel:0287-77-2721
・営業期間:3月15日~11月30日(冬季休業)
・キャンプ場公式サイト:http://www.camp-rabbit.com/

 

【栃木県】ツインリンクもてぎ 森と星空のキャンプヴィレッジ

サーキットと隣接する異色のスポット。

栃木県にある森と星空のキャンプヴィレッジは、日本有数のレーシング場「ツインリンクもてぎ」の中にあるキャンプ場。サーキットと隣接しているから、日中はレースを観戦したり、気軽にモータースポーツを楽しめるのも個性的。

キャンプ利用中は隣接するホテルのお風呂「のぞみの湯」に入り放題! 露天風呂からは、那須の美しい山々と広大なサーキットを一望できます。

もっと“森と星空のキャンプヴィレッジ”を知りたい方はこちらをチェック!

ツインリンクもてぎ 森と星空のキャンプヴィレッジ
・場所:栃木県芳賀郡茂木町桧山120-1
・tel:0285-64-0489
・営業期間:通年営業
・キャンプ場公式サイト:https://www.twinring.jp/f-glamping/

 

次のページは、関東のスポットがずらり!

 

 

【栃木県】みよりふるさと体験村

無人駅の目の前! 空き地を利用した玄人向けスポット。

みよりふるさと体験村は、栃木県日光市の無人駅「中三依温泉駅」の目の前にある空き地のキャンプ場。設備は最低限ですが、その分自由度も高く、日光の自然と野営を楽しむには絶好の環境です。

キャンプ場の中心には、源泉100%の温泉「男鹿の湯」があり、キャンプ宿泊中は、無料で入り放題!浴室の大きな窓からは芝草山を望むことができます。※男鹿の湯の定休日はホームページでチェック。

もっと“みよりふるさと体験村”を知りたい方はこちらをチェック!

みよりふるさと体験村
・場所:栃木県日光市中三依423
・問い合わせ(mail):info@nakamiyori.com
・営業期間:3月~11月
・キャンプ場公式サイト:https://www.nakamiyori.com/

 

【群馬県】北軽井沢スウィートグラス

東日本屈指のハイグレード!浅間山を臨む広大なキャンプ場。

北軽井沢にあるスウィートグラスは、浅間山を臨む美しいロケーションと、広大なフィールドが人気。多彩なテントサイトをはじめ、その広い敷地を活かした宿泊施設は、全部でなんと40種類! 1年を通して快適にアウトドアを楽しむことができる高規格スポットです。

場内にあるお風呂は、個室で貸切のセルフ風呂。お家の浴室のようなリラックスできる作りでありながら、浅間高原の森林資源を利用した薪炊き風呂は、身体の芯まで温まると人気です。

もっと“スウィートグラス”を知りたい方はこちらをチェック!

北軽井沢スウィートグラス
・場所:群馬県吾妻郡長野原町北軽井沢1990-579
・tel:0279-84-2512
・営業期間:通年
・キャンプ場公式サイト:https://sweetgrass.jp/

 

【群馬県】猿ヶ京温泉 湯島オートキャンプ場

100%源泉かけ流し温泉が人気のスポット!

猿ヶ京温泉街から徒歩5分ほどの場所にある湯島オートキャンプ場。炊事棟と広場を中心に、その周りを約50のテントサイトがぐるりと囲んでいて、どこにテントを張っても水場が近いのが魅力です。また、近くに赤谷川や赤谷湖があり多彩なウォーターアクティビティで遊べるのもポイント。

場内にあるお風呂は、源泉100%の天然温泉。かけ流しだからいつでも綺麗な温泉に入れます。しかもキャンプ利用者は無料で何度でも入れるのも嬉しいところ!

もっと“猿ヶ京温泉 湯島オートキャンプ場”を知りたい方はこちらをチェック!

■猿ヶ京温泉 湯島オートキャンプ場
・場所:群馬県利根郡みなかみ町猿ヶ京温泉1150-1
・tel:0278-66-1126
・営業期間:3月~12月
・キャンプ場公式サイト:https://www.mantenboshinoyu.com/auto.html

 

【茨城県】大子広域公園オートキャンプ場グリンヴィラ

全面芝生で、手入れの行き届いたフィールドが心地よい。

茨城県にある大子広域公園オートキャンプ場グリンヴィラは、キャンプサイトをはじめ、あらゆる施設が綺麗に整備されている人気スポット。ファミリーが使いやすい充実した設備を持ち、公営だからこそのお手頃価格も魅力。

センターハウスには自慢の温泉「ふれあいの湯」があります。ジェットバスが気持ち良い内湯と、日本庭園を眺めながら入れる露天風呂が人気!

もっと“大子広域公園オートキャンプ場グリンヴィラ”を知りたい方はこちらをチェック!

大子広域公園オートキャンプ場グリンヴィラ
・場所:茨城県久慈郡大子町矢田15-1
・tel:0295-79-0031
・営業期間:通年営業
・キャンプ場公式サイト:http://www.greenvila.jp/

【千葉県】THE FARM

首都圏で農業体験ができるキャンプリゾート。

千葉県にあるTHE FARMは、その名の通り「農園」を備える一風変わったキャンプ場。場内で育てられた新鮮な野菜を収穫できるのも嬉しいポイント!キャンプサイトのほかに、グランピング施設やコテージなど綺麗な宿泊施設も豊富です。

場内には、1度に30人以上も入れる広~い露天風呂が自慢の天然温泉「かりんの湯」があります。宿泊者なら何度でも無料で入浴できるのは嬉しい限り!

もっと“THE FARM(ザ ファーム)”を知りたい方はこちらをチェック!

THE FARM(ザ ファーム)
・場所:千葉県香取市西田部1309-29
・tel:0478-79-0666
・営業期間:通年
・キャンプ場公式サイト:http://www.thefarm.jp/

 

次のページでも、関東近郊のキャンプ場をご紹介!

 

 

【埼玉県】オーパークおごせ

贅沢キャンプ体験ができるアミューズメントスパ。

埼玉県の里山にあるオーパークおごせは、スーパー銭湯とキャンプ場が融合したアミューズメントスパ。2019年8月にリニュアルオープンされ、空中に浮かぶ球型ドームテントや豪華なトレーラーキャビン、ティピー型のグランピングエリアなど、ラグジュアリーな宿泊施設が充実しています。

オーパークおごせのお風呂「おごせの湯」は13種類のお風呂が自慢の豪華なスパ。水着で入れる混浴のお風呂もあり、夏場は水温が低いからプール感覚で利用できちゃいます。

もっと“オーパークおごせ”を知りたい方はこちらをチェック!

オーパークおごせ
・場所:埼玉県入間郡越生町上野3083-1
・tel:049-292-7889
・営業期間:通年(第2木曜日休)
・キャンプ場公式サイト:https://opark.jp/

 

【埼玉県】長瀞キャンプヴィレッジ

長瀞エリアのリバーサイドで林間キャンプ場。

長瀞キャンプヴィレッジは、ライン下りで有名な長瀞エリアの荒川沿いに位置しています。約80区画のテントサイトがあり、その全てが林間のオートサイト。荒川を見下ろしながらのキャンプはロケーションも◎。

場内にある「長瀞温泉」には大浴場と露天風呂があり、とても広々としていて開放的。アルカリ性の高い温泉は、つるつるすべすべの美肌効果が期待できます。

もっと“長瀞キャンプヴィレッジ”を知りたい方はこちらをチェック!

長瀞キャンプヴィレッジ
・場所:埼玉県秩父郡長瀞町岩田484
・tel:0494-66-3817
・営業期間:3月~11月
・キャンプ場公式サイト:http://www.nagatoro-campmura.com/

 

【神奈川県】長井海手公園 ソレイユの丘

広大な敷地を持つ、横須賀オーシャンビュー。

三浦半島の岬に位置するソレイユの丘は、眼下に駿河湾が広がり、対岸には富士山や伊豆半島も望める好ロケーションスポット。東京ドーム4.5個分の広大な敷地には、1日では遊びきれないほど楽しめる施設がいっぱいあります。

場内にある「海と夕日の湯」は、お風呂の種類も豊富で、日帰り温浴施設としても人気。露天風呂からは広大な海を一望でき、晴れた日には富士山や美しい夕日を拝むこともできます。

もっと“ソレイユの丘”を知りたい方はこちらをチェック!

長井海手公園 ソレイユの丘
・場所:神奈川県横須賀市長井4丁目地内
・tel:046-857-2500
・営業期間:3月~11月(キャンプ以外は通年営業)
・キャンプ場公式サイト:https://www.seibu-la.co.jp/soleil/

【山梨県】ほったらかしキャンプ場

全テントサイトで富士山が拝める、好ロケーションが人気。

山梨県にあるほったらかしキャンプ場は、キャンパーの間ではお馴染みの大人気スポット。その魅力は何といっても美しいロケーション。場内のどのエリアからでも富士山と甲府盆地の大パノラマを一望することができます。

すぐ隣にある名湯「ほったらかし温泉」は、キャンプ場に負けず劣らず絶好のロケーション! 目の前に広がる壮大な景色と開放的な露天風呂は、温泉通をも唸らせるはず!

もっと“ほったらかしキャンプ場”を知りたい方はこちらをチェック!

ほったらかしキャンプ場
・場所:山梨県山梨市矢坪1669-25
・tel:080-9677-1010
・営業期間:通年
・キャンプ場公式サイト:http://hottarakashicamp.com/

 

【山梨県】PICA 富士西湖

多彩な宿泊施設が自慢!富士五湖の人気スポット。

富士五湖のひとつ西湖のほとりにあるPICA 富士西湖は、多彩なテントサイトにコテージやパオ、トレーラーハウスなど個性的な宿泊施設が魅力。湖畔ならではの開放的なロケーションとウォーターアクティビティを存分に楽しめるキャンプ場です。

場内には宿泊者なら無料で入れるお風呂も完備。湖で遊んで冷えた身体をお風呂で温められるのはありがたいですね。

もっと“PICA 富士西湖”を知りたい方はこちらをチェック!

PICA 富士西湖
・場所:山梨県南都留郡富士河口湖町西湖2068-1
・tel:0555-30-4580(PICAヘルプデスク)
・営業期間:通年
・キャンプ場公式サイト:https://www.pica-resort.jp/saiko/

 

次のページには、甲信越のキャンプ場がずらり!

 

 

【山梨県】ウエストリバーオートキャンプ場

ファミリーやビギナーに優しい川遊びスポット。

山梨県南アルプス市にあるウエストリバーオートキャンプ場は、南アルプス麓の谷合にある自然豊かなキャンプ場。場内を流れる川に沿ってテントサイトが作られていて、その全てがオートサイト。施設の管理がしっかりとされているので、ファミリーが安心して楽しむことができます。

場内には、麦飯石(ばくはんせき)で作られた人工温泉の露天風呂があり、宿泊者なら無料で利用できます。川で遊んで冷えた身体を、お風呂で温められるのは嬉しい限り。

もっと“ウエストリバーオートキャンプ場”を知りたい方はこちらをチェック!

ウエストリバーオートキャンプ場
・場所:山梨県南アルプス市須沢131
・tel:055-285-6611
・営業期間:<テント泊>4月~11月/<その他>通年
・キャンプ場公式サイト:http://www.westriver-camp.com/

 

【長野県】いなかの風キャンプ場

中央アルプスを臨む、棚田を利用した個性派。

長野県上伊那郡にあるいなかの風キャンプ場は、中央アルプスが一望できる絶景スポット。全てのテントサイトが、高低差のある棚田で区切られています。とても広々としていて開放的なので、プライベートサイト感覚でのんびりできそう。

同キャンプ場のお風呂は、天竜川下りで使用していた本物の船を再利用した超個性派。絶景の中央アルプスを一望しながら、船に揺られている気分を味わえます。

もっと“いなかの風キャンプ場”を知りたい方はこちらをチェック!

いなかの風キャンプ場
・場所:長野県上伊那郡飯島町日曽利43-3
・tel:非公表(問い合わせはHPより)
・営業期間:通年 ※休業日:毎月第3木曜日(7,8月無休)
・キャンプ場公式サイト:http://inakanokaze.com/

 

【長野県】上高地小梨平キャンプ場

壮大な穂高連峰を臨む絶景キャンプ場。

日本屈指の山岳リゾート「上高地」にある小梨平キャンプ場は、北アルプスの圧倒されるほど美しい自然を堪能できるスポット。自然保護のためマイカー規制があり、気軽に買い出しに行けない上高地でも、豊富なレンタルやコンビニ並みに食材が揃った売店があるから安心です。

場内にある、上高地の湧き水を使用した「小梨の湯」。小梨平でのキャンパーはもちろん、上高地散策や登山帰りの人にも人気です。

もっと“上高地小梨平キャンプ場”を知りたい方はこちらをチェック!

上高地小梨平キャンプ場
・場所:長野県松本市安曇上高地4468番地
・tel:0263-95-2321
・営業期間:4下旬~11月上旬
・キャンプ場公式サイト:http://www.nihonalpskankou.com/

 

【長野県】菅平高原ファミリーオートキャンプ場

夏でも20℃以下の高原キャンプ場。

標高1300mの高原に位置する菅平高原ファミリーオートキャンプ場は、夏でも過ごしやすく避暑地として人気のスポット。広くて開放的なフリーサイトは、目の前に四阿山(あずまやさん)と根子岳(ねこだけ)を望め、フカフカで心地よい芝生が広がります。

場内の展望風呂「虹の湯」は山景の大パノラマが一望できる好ロケーション。壁全体が天然木の浴室には木の香りが広がり、たっぷりのお湯が張られた湯船で癒されながらお風呂に入れます。

もっと“菅平高原ファミリーオートキャンプ場”を知りたい方はこちらをチェック!

■菅平高原ファミリーオートキャンプ場
・場所:長野県上田市菅平高原1223-2767
・tel:0268-74-2408 ※電話での予約受付はしていません。
・営業期間:4月末から10月末(冬季限定プランあり)
・キャンプ場公式サイト:http://sugadaira.camp/

 

【静岡県】大野路ファミリーキャンプ場

大迫力の富士山を拝める!全面芝生の広大なキャンプ場。

富士の麓に位置する大野路ファミリーキャンプ場は、目の前に富士山を眺めることができる絶景スポット!全面芝生のフリーサイトは、東京ドーム2つ分以上の広さを誇り、最大350サイト約1500名の利用が可能。グループで大きめのテントを張ることもできちゃいます。

同キャンプ場のお風呂は、樹齢400年の老木を浴槽にしたお風呂や、やぐらを利用したお風呂などとっても個性的。露天風呂からは、湯船に入ったまま雄大な富士山を間近で眺めることができます。

もっと“大野路ファミリーキャンプ場”を知りたい方はこちらをチェック!

■大野路ファミリーキャンプ場
・場所:静岡県裾野市須山2934-2
・tel:055-998-1567
・営業期間:3月1日~1月5日 ※火曜日定休+不定休
・キャンプ場公式サイト:http://oonoji.co.jp/camp-2/

 

次のページは、関西・中京エリアのスポットが満載!

 

 

【静岡県】河津オートキャンプ場

伊豆の海も山も堪能できるスポット。

伊豆天城連山の麓に位置する河津オートキャンプ場は、人里離れた静かな山中にある林間のオートキャンプ場。伊豆の中でも人気の高い今井浜海水浴場へのアクセスも良く、ファミリーに人気です。

場内にある温泉露天風呂は、キャンプ利用者なら無料で何回でも入浴可能。温泉露天風呂が休みの日や、大浴場が苦手な方には、貸切の家族風呂も用意されているので安心です。

もっと“河津オートキャンプ場”を知りたい方はこちらをチェック!

河津オートキャンプ場
・場所:静岡県賀茂郡河津町川津筏場555
・tel:0558-35-7277
・営業期間:通年(不定休)
・キャンプ場公式サイト:http://kawazucamp.com/

 

【三重県】青川峡キャンピングパーク

バリエーション豊富なフィールドが人気。

三重県いなべ市にある青川峡キャンピングパークは、雄大な鈴鹿山脈と青川の清流に囲まれたスポット。川沿いや全面芝生、焚き火OKなど、バリエーションに富んだテントサイトや、機能性と遊び心のあるコテージやログハウスも魅力的。場内はどこも綺麗に整備されていているから、ファミリーや女性にも人気です。

場内には1度に10名ほどが入れる綺麗な大浴場があります。キャンプ宿泊中は無料で利用できるのも嬉しいポイント! ※お風呂は休業日あり。

もっと“青川峡キャンピングパーク”を知りたい方はこちらをチェック!

青川峡キャンピングパーク
・場所:三重県いなべ市北勢町新町614
・tel:0594-72-8300
・営業期間:通年(メンテナンス休業あり)
・キャンプ場公式サイト:https://www.aogawa.jp/

 

【三重県】語らいの里 噺野

三重の里山を満喫できるアットホームな雰囲気。

三重県の伊勢神宮別宮の近くにある語らいの里 噺野(はなしの)は、森に囲まれているこじんまりとしたオートキャンプ場。テントサイトは、数は少ないながらもゆったりとしていて、プライベート感を保てます。アットホームな雰囲気と綺麗に管理された施設は、ファミリーキャンパーに大人気。

自慢の貸切風呂「噺野温泉」は、1組使うごとに清掃してくれるから常に綺麗なお風呂に入れるんです! さらに、個室のシャワールームは無料で使い放題のため、ちょっと汗を流したいときに気軽に使えるのも嬉しいポイント。

もっと“語らいの里 噺野”を知りたい方はこちらをチェック!

語らいの里 噺野
・場所:三重県度会郡大紀町滝原1278
・tel:0598-86-3061
・営業期間:通年営業
・キャンプ場公式サイト:http://camp-hanashino.com/

 

【滋賀県】十二坊温泉オートキャンプ場

好アクセスと過ごしやすさが人気のスポット。

滋賀県の十二坊山(岩根山)山麓に位置し、テントサイトは全21区画とこじんまりとしたキャンプ場。綺麗に整備されたサイトは全区画でWi-FiやAC電源が使用でき、アットホームな雰囲気が過ごしやすいと評判です。大阪や名古屋からのアクセスの良さも◎。

併設する源泉かけ流しの天然温泉「十二坊温泉ゆらら」は、「百伝の湯」と「修験の場」の2つの異なる温泉を持つ温泉施設。美人の湯として県内外からも人気の温泉です。期間限定で温泉のお湯を利用した珍しい温泉プールにも入れます。

もっと“十二坊温泉オートキャンプ場”を知りたい方はこちらをチェック!

十二坊温泉オートキャンプ場
・場所:滋賀県湖南市岩根678-28
・tel:0748-76-3811
・営業期間:通年
・キャンプ場公式サイト:http://www.12-yurara.jp/?page_id=128

 

【滋賀県】マキノ高原キャンプ場

西日本最大級のフィールドを誇る人気スポット。

滋賀県の北西部にあるマキノ高原キャンプ場は、関西エリアのキャンパーにはお馴染みのキャンプスポット。西日本随一の広さを誇る場内は、最大600サイトも収容できるそう。林間や川辺、巨大なフリーサイトなど、それぞれロケーションの異なる6つのキャンプゾーンがあり、思い思いのキャンプシーンを楽しめます。

そして、日帰り温泉としても人気が高い「温泉さらさ」を併設。露天風呂と大浴場からなる温泉は、洗い場も広くてとても綺麗。水着で入れる混浴の温泉もあり、ファミリーやカップルで温泉を楽しめます。

もっと“マキノ高原キャンプ場”を知りたい方はこちらをチェック!

マキノ高原キャンプ場
・場所:滋賀県高島市マキノ町牧野931
・tel:0740-27-0936
・営業期間:通年営業(冬季1月~2月はウィンターキャンプ営業)
・キャンプ場公式サイト:http://makinokougen.co.jp/publics/index/218/

 

次のページも、西日本のスポットが勢ぞろい!

 

 

【滋賀県】グリーンパーク山東

多彩なテントサイトとアトラクションが魅力。

滋賀県の最高峰「伊吹山」を臨むことができるグリーンパーク山東は、キャンプ場情報サイトの滋賀県ランキングで、年間1位にも輝いたことがある人気のキャンプ場。サイズ、ロケーション、タイプが異なる多彩なテントサイトと豊富なアトラクションが魅力のスポットです。

場内にある旅館「鴨池荘」のお風呂「美肌の湯」はナトリウム成分を多く含んだ人工温泉。「美肌の湯」の名の通り、湯上りの肌をつるつるにしてくれると日帰り入浴施設としても人気です。露天風呂から一望できる伊吹山は絶景!

もっと“グリーンパーク山東”を知りたい方はこちらをチェック!

■グリーンパーク山東
・場所:滋賀県米原市池下80-1
・tel:0749-55-3751
・営業期間:3月下旬~12月上旬
・キャンプ場公式サイト:http://greenpark-santo.com/

 

【奈良県】下北山スポーツ公園キャンプ場

迫力満点の巨大ダムを拝める、インパクト大のロケーション。

奈良県下北山村にある下北山スポーツ公園キャンプ場は、約19万㎡もの広大な敷地の公園の中、池原ダム湖の堰堤(えんてい)の真下にあるスポット。サイトから見上げる全高110mのダムの壁は大迫力です。広々とした区画サイトやリーズナブルなフリーサイトなど、バリエーション豊かなフィールドも人気。

園内にある天然温泉「きなりの湯」には、槙の木を使用した『槙の湯』と、石材を用いた『栃の湯』の2種類の異なる温泉があり、男女日替わりで入浴できます。少しヌルっとする温泉のお湯は、一度浸かると肌がしっとりツルツルになる「美人の湯」と大人気。

もっと“下北山スポーツ公園キャンプ場”を知りたい方はこちらをチェック!

下北山スポーツ公園キャンプ場
・場所:奈良県吉野郡下北山村上池原1026番地
・tel:07468-5-2177
・営業期間:通年
・キャンプ場公式サイト:https://www.kinarinosato.net/

 

【広島県】大鬼谷オートキャンプ場

115もの区画サイトを備える広島最大級のスポット。

広島県庄原市にある大鬼谷オートキャンプ場は、広大な敷地を持つ広島県最大級のキャンプ場。テントサイトは林間、川沿い、芝生と豊富なバリエーションがあり、その全てがオートキャンプサイト。ログハウスやバンガローなど宿泊施設も充実していて、清流や大型アスレチックコースもあり外遊びも満喫できます。

場内には湧き水を使用した本格的な露天風呂があり、春~夏は新緑、秋は紅葉、冬は雪見風呂と、露天風呂から四季折々に変化する自然を感じることができます。

もっと“大鬼谷オートキャンプ場”を知りたい方はこちらをチェック!

■大鬼谷オートキャンプ場
・場所:広島県庄原市高野町南257
・tel:0824-86-2323
・営業期間:通年(冬期のみ水曜定休)
・キャンプ場公式サイト:http://www.ogidani.co.jp/

 

【大分県】バルンバルンの森

リノベーションで生まれ変わった、手作り感あふれるキャンプ場。

大分県中津市にあるバルンバルンの森は、古い町営施設をオーナー夫妻がリノベーションして作り上げた森の中のスポット。場内にはユニークな2棟のツリーハウスもあり、眼下に大分の観光名所「青の洞門」や「競秀峰」を見下ろせるロケーションも◎。

場内にある貸切家族風呂は、レトロポップな手作り感が人気。5人でもゆったり入れるサイズだから、家族みんなで入ることができます。

もっと“バルンバルンの森”を知りたい方はこちらをチェック!

■バルンバルンの森
・場所:大分県中津市本耶馬渓町曽木459-9
・tel:0979-52-3020
・営業期間:通年(1月・2月は連休のみ営業)
・キャンプ場公式サイト:http://barunbarun.com/

 

【熊本県】四季の里旭志キャンプ場

眼下に菊池平野が広がる阿蘇エリアの人気レジャースポット。

阿蘇山の麓に位置する四季の里旭志キャンプ場は、熊本県有数の複合レジャー施設「四季の里旭志」の中にあるキャンプ場。菊池平野を見渡せる絶好のロケーションは、トレッキングを楽しむ登山客にも大人気!場内には動物広場や室内プールなどがあり、複合レジャー施設として親しまれています。

園内には、2つのお風呂「鞍岳の湯」と「夕焼けの湯」があり、日替わりでお風呂を楽しむことができるんです。それぞれの露天風呂風呂から見られる、異なるロケーションも見どころ。

もっと“四季の里旭志キャンプ場”を知りたい方はこちらをチェック!

■四季の里旭志キャンプ場
・場所:熊本県菊池市旭志麓2934-10
・tel:0968-37-3939
・営業期間:通年 ※休館日:毎月第3木曜日(7,8月無休)
・キャンプ場公式サイト:https://www.shikinosato.sh-yuwa.com/

 

情報提供元:GO OUT
記事名:「日本全国「お風呂に入れるキャンプ場FILE」セレクト30。(2019.9.12 更新)