マラソンのように長時間、筋肉を動かし続けるような運動で求められる持久力が「全身持久力」です。筋肉には瞬発的に力を出す白筋と、持久的に力を出す赤筋がありますが、全身持久力はおもに赤筋を使った運動になります。持久力をつける方法を見ていきましょう。

持久力がつけるなら左心室を大きくする

持久力は心臓や血管の機能を鍛える

ただし全身持久力といった場合、問題となるのは赤筋そのものと、赤筋へ酸素と栄養素を運ぶ「肺」「心臓・血管」そして「血液の組成」です。筋持久力は特定の白筋を鍛えることで高まるのに対して、全身持久力は心臓や血管、肺の機能を鍛えて血液の組成を変えなければなりません。

たとえば、その違いは心臓の構造に端的に現れます。400m走のランナーとマラソンランナーの心臓を調べると、どちらも一般人よりもはるかに大きいといいます。心筋がとても厚くなっているからです。

これは心臓の筋肉が多いということ。筋力は筋肉の容量に正比例するので、厚い心筋を持っていれば、それだけ強い力で心臓は縮むことができます。すると、血液を強く押し出すことができるのです。

持久力は血液を多く全身に送ること

それでは、400m走のランナーとマラソンランナーでは何が違うのでしょう? それは左心室の大きさです。左心室は心臓が最後に血液を体に送り出すスペース。より持久力を必要とするマラソンランナーの左心室は大きいため、体に送り出す血液の量が多いのです。

筋持久力のトレーニングをすれば心筋は厚くなりますが、左心室の大きさはさほど変わりません。ところが、全身持久力のトレーニングをすると、左心室が大きくなります。血液を多く全身に送ることが、全身持久力の源だからです。

白筋を動かす筋グリコーゲンは単独でエネルギーとして使われます。一方の赤筋は脂肪をおもなエネルギー源としており、さらに酸素を必要です。酸素は血液によって供給されなくてはなりません。このため、心臓や血管、肺の機能を高めることが、全身持久力のアップにつながるのです。

■「持久力」おすすめ記事
LSDトレーニングで持久力がアップする理由
筋持久力を高めるには白筋を鍛えるしかない!?
赤血球数が多いと持久力が下がるジレンマとは
アスタキサンチンの効果で持久力がアップする

【関連リンク】
自宅の風呂で筋トレ!たった1分半の腹筋メニュー
女性が腹筋を鍛えるならインナーマッスルが最適
相撲のシコ踏みは腸腰筋の鍛え方に最適だった
腹筋の正しい鍛え方には「腹式呼吸」が大切だった
腹筋を毎日鍛えられる1回たった30秒のやり方?

情報提供元:インナーマッスル
記事名:「持久力をつけるには「肺・心臓・血管・血液」