朝食抜きダイエットは手軽に摂取カロリーを減らせるため、もっとも手軽なダイエット法といわれています。しかし一方で、朝食後は胃・結腸反射と呼ばれる快便チャンスがもっともおこりやすいタイミング。便秘気味の人は朝食抜きダイエットに挑戦するときには注意が必要なのでした。

朝食抜きダイエットは便秘気味の人は避けるべし

朝食後におこる胃・結腸反射が重要

胃・結腸反射とは、空っぽの胃に食べ物が入ると大腸の横行結腸からS状結腸にかけておこる急激なぜん動運動のこと。胃の中に食べ物が入るとまず、小腸と大腸にあいだにある回盲弁という弁がオープンします。

すると、小腸にあった流動性の消化物が結腸へ押し出されるというわけ。そこで結腸のぜん動運動により便が直腸に送り込まれると、自律神経の働きで便意を感じるのです。

この快便チャンスともいえる胃・結腸反射は、1日のうちに1~2回おこります。そして、もっともおこりやすいのが朝食後。というのも、直前の食事からの時間がもっとも経過しているため、胃の中が空っぽになっているからです。

朝食抜きダイエットで便秘が悪化

このため、便秘気味の人はしっかり朝食を食べなければなりません。そして、しっかり排便を促す必要があるのです。もし朝ごはんを食べないと、便秘が悪化してしまう可能性もあります。

このため、便秘気味の人は朝食抜きダイエットに挑戦するときには注意が必要ということ。さらに、朝食のあと大切なのは、便意に素直に従うことです。便意は結腸に溜められていた便の元が直腸へ移動したときに、直腸壁のセンサーが感知します。

その信号が大脳に送られることで感じることができるのです。ここで便意を我慢し続けていると直腸壁にあるセンサーが麻痺。そのうち、便意そのものを感じなくなるので注意しましょう。

【関連リンク】
ダイエットは筋トレだけでも十分に痩せられる
ダイエットウォーキングは週2~3回でOK
お腹痩せには即効性で「むくみ取りマッサージ」
下半身ダイエットの方法を変えたモデルのSHIHO
体脂肪を減らす計算式を理解して簡単ダイエット

情報提供元:インナーマッスル
記事名:「朝食抜きダイエットは便秘気味の人は避けるべし