バランスボールは椅子代わりに座っているだけで、腹筋が鍛えられてウエストを引き締めることができます。また、腹筋が鍛えられることで基礎代謝もアップ。ウエスト引き締め効果を後押しします。そこで、バランスボールで腹筋を鍛える3つの基本ポーズを紹介しましょう。

バランスボールで腹筋を鍛える3つの基本ポーズ

バランスボールで腹筋を鍛えるポーズ

バランスボールは椅子代わりに座るだけで腹筋を鍛えることができます。さらに腹筋を鍛えるなら、バランスボールを使ってさまざまなポーズをとりましょう。不安定なバランスボールを使えば、腹筋のインナーマッスルも鍛えられます。

まずはバランスボールで腹筋側面を鍛えるポーズから。バランスボールの上に座ったら、ひじをしっかり張って頭の後ろで両手を組んでください。この体勢で骨盤から下を固定させたまま、上半身を右にゆっくり倒すのです。

元の位置に戻したら、今度は左に上半身を倒します。左右それぞれ10回ずつ行いましょう。上半身を倒した側の腹筋側面が縮み、同時に反対の腹筋側面が伸びていることを意識するようにします。

バランスボールで腹筋下部を鍛える

次は、バランスボールで腹筋と太ももを鍛えるポーズ。床に仰向けになって両手を軽く開いたら、バランスボールの上に足を乗せて、骨盤・ひざ・足首をすべて90度に曲げてください。この体勢でボールをお尻とかかとに挟んで持ち上げるのです。

このとき、腹筋に力を入れて腰が浮かないようにするのがポイント。腹筋と太ももの後ろを鍛えられます。このポーズも10回繰り返してください。

最後は、バランスボールで腹筋下部を鍛えるポーズです。ボールの上に足を乗せたら、骨盤・ひざ・足首が90度に曲げる姿勢を作ります。そして、腹筋下部と太ももの裏に力を入れて、お尻をゆっくり持ち上げて下ろすのです。このポーズも10回繰り返します。かかとでボールをたぐり寄せるようにするのがポイントです。

【関連リンク】
自宅の風呂で筋トレ!たった1分半の腹筋メニュー
女性が腹筋を鍛えるならインナーマッスルが最適
相撲のシコ踏みは腸腰筋の鍛え方に最適だった
腹筋の正しい鍛え方には「腹式呼吸」が大切だった
腹筋を毎日鍛えられる1回たった30秒のやり方?

情報提供元:インナーマッスル
記事名:「バランスボールで腹筋を鍛える3つの基本ポーズ