ご飯の代わりに豆腐を食べる豆腐ダイエットは、その手軽さから一度は挑戦した人も多いはず。この豆腐ダイエット、しょうがを加えるだけでダイエット効果が大幅アップします。豆腐は良質なタンパク質、そこに体を温めるしょうがの組み合わせると代謝が大幅アップするのです。

豆腐ダイエットはしょうがが大事

豆腐がダイエットに効果的な理由

もともと豆腐はダイエットに効果的な食材。豆腐に含まれる大豆レシチンはコレステロールや中性脂肪を減らしながら、ムダな体脂肪を落とします。大豆サポニンはコレステロールの吸収を抑えて分解するのでダイエットに効果的です。

豆腐に含まれるビタミンB群は脂質やタンパク質、炭水化物の代謝に欠かせません。逆にビタミンB群の不足は、食べ物としてとり込んだ脂肪をため込みやすくなります。

そのほか、大豆オリゴ糖は便秘予防に役立つ成分。腸内の善玉菌であるビフィズス菌のエサとなります。豆腐は腸内環境を改善して、下腹部のダイエットにも効果を発揮してくれるのです。

豆腐としょうのでダイエット効果

しょうがをこの豆腐に加えると、なぜダイエット効果アップするのでしょう? それは、しょうがの体を温める力によって代謝もアップするからです。

さらに、豆腐に加えるしょうがは温めるとよりダイエット効果がアップします。というのも、しょうがに含まれている体を温める成分は「ショウガオール」と「ジンゲロール」。ショウガオールは直接体を温める作用があり、体の中心部と表面の両方が温まります。

しかし、一方のジンゲロールは体の中心の熱を手足に運ぶ性質。じつはそのせいで、中心部が冷えてしまいます。そして、生のしょうがにはショウガオールよりもジンゲロールのほうが多く含まれているのです。

しょうがは加熱するとジンゲロールがショウガオールに変化。つまり、しょうがは加熱することで効果的に体を温めることができるのです。

■「ダイエット」おすすめ記事
下腹に効く!ダイエット効果の高いウォーキング
下腹部ダイエットになる「点字ブロック」歩き
筋トレダイエットに効くちょいアレンジスクワット
ワインオープナーダイエットで痩せる理由とは?
縄跳びダイエットには食欲を抑制する効果がある
クーガーダンスでお腹と二の腕を同時に鍛える
ダイエットには体幹より太もものほうが重要だった

ドローインダイエットは1日2分で食事制限ナシ
体幹ランニングでラクに走ってダイエット!
下腹部ダイエットならソファをやめるべし!

【関連リンク】
筋肉をつける食事の基本はタンパク質とビタミンB6
1日5回!腹斜筋の筋トレでお腹をへこませる
細マッチョになる筋トレがインナーマッスル腹筋!
筋トレ後のプロテインは牛乳やゆで卵で十分
下腹部の筋トレは行列に並びながらでもできる!?

情報提供元:インナーマッスル
記事名:「豆腐ダイエット「しょうが」あるなしで大違い