いつもと違う右肩の痛みは、胆のうや肝臓などの内臓の病気を疑うことが大切です。また、肩こりにはさまざまな病気が潜んでいる場合があるため、いつもとは違う右肩の痛みが起き始めたなといった場合には、注意することが必要。とくにもんでも改善しない右肩の痛みは要注意です。

右肩の痛みは肝臓や胆のうが原因かもしれない

右肩の痛みがもんでも改善しない

肝臓の中には、まったく神経が入っていません。いくら針で肝臓を刺しても痛みを感じないほどです。しかし、肝臓の上には横隔膜があるので、その膜とともに横隔膜が押されるために、そこに刺激が加わります。

その神経のそばには肩の痛みを感じる神経があるため、これを脳が錯覚して右肩の痛みとして放散痛を感じるわけです。このような危険な右肩の痛みは、どのように見分ければよいのでしょう?

危険な右肩の痛みは姿勢を変えても、もんでも症状が改善しないことが特徴。じわじわと痛みが来るようなイメージといいます。えもいわれぬ違和感が、普通の右肩の痛みとの違いです。

右肩の痛みは肝臓や胆のうが原因

また、右肩の痛みだけでなく、背中などに違和感のある痛みを伴うケースが多くあります。違和感のある痛みが右肩や背中に来たら、危険なサインと考えるべきでしょう。

肝炎をおこしていると非常に体の具合が悪くなります。炎症による苦しさや解毒できない苦しさを伴うことがほとんど。このため、全身のだるさや熱っぽさを伴っている場合は、危険な右肩の痛みと考えられます。

いずれにしても、片側だけの肩こりは何らかの内臓の疾患を疑うのが正解。病院を受診して、エコー検査などを受けるようにした方が賢明です。とくに右肩の痛みは、肝臓や胆のうが原因と疑うようにしましょう。

■「肩の痛み」おすすめ記事
左肩が痛いときは心臓の病気を疑ったほうがイイ

■「肩こり」おすすめ記事
肩こり原因はキーボードを打つときのひじの位置
肩こり原因は首の重さより体幹トレーニング不足
肩こりツボは鎖骨の下!胸の筋膜の癒着が原因
スクワットはやり方次第で肩こり解消になる
肩こり解消ストレッチは静的でなく動的が効果的
肩こり解消ストレッチで首と肩甲骨がスッキリ
菱形筋の筋トレでしつこい背中の肩こりが解消

【関連リンク】
胃下垂の治し方!!インナーマッスルを鍛えるべし
低気圧の頭痛を治すなら酔い止め薬を飲むべし
鼻づまりを10秒で治す方法「脇の下にコブシ」
ゾンビ体操1日3回で30分間のウォーキング効果
ふくらはぎの筋肉は短距離と長距離で大きく違う

情報提供元:インナーマッスル
記事名:「右肩の痛みは肝臓や胆のうが原因かもしれない