おつまみ ビール 夏

夏野菜を刻んで作る、山形県の郷土料理『だし』。ベースの野菜はそのままに、ナンプラーやパクチーをプラスしたら、更にビールにぴったりなおつまみになりました。そのまま食べるもよし、お豆腐やご飯にかけたり、素麺のトッピングにもナイスな一品です。


材料

トマト
1個
ナス
1本
キュウリ
1本
パクチー
1株
納豆昆布
10g
赤唐辛子(輪切り)
1本分
めんつゆ(3倍濃縮)
大さじ2
ナンプラー
大さじ2
ゴマ油
大さじ1/2

作り方

Step1

トマトは1cm角、ナスとキュウリは5mm角に切る。パクチーは1cm幅のざく切りにする。

Step2

Step1とその他の材料と混ぜ合わせ、10分程なじませたら出来上がり。

Point

※2〜3日を目安に食べ切りましょう。
※納豆昆布とは、粘りの強いがごめ昆布を細切りにしたものです。メーカーによっては旨味の強い真昆布をブレンドしたものもあります。水分と合わせると独特の粘りと昆布の旨みが出ます。

ひとことコメント

レシピの材料の他、ミョウガや万能ネギ、青ジソなどの薬味や、オクラやピーマンなどの夏野菜もよく合います。

情報提供元:ビール女子
記事名:「エスニックアレンジ!山形の郷土料理『だし』