12月2日、毎年恒例の「ユーキャン新語・流行語大賞」が発表となった。年間大賞に輝いたのはラグビー日本代表のスローガンである「ONE TEAM」だったが、ネット上では流行っていたかどうか疑問を呈する声も散見されていた。

参考記事:「明るい話題につながる言葉」「流行ったと感じなかった」ユーキャン新語・流行語大賞の年間大賞「ONE TEAM」にネットで賛否
https://getnews.jp/archives/2304036[リンク]

『Yahoo!』ではノミネートの30語が発表された11月6日から12月1日まで「2019新語・流行語大賞、あなたが選ぶなら?」という意識調査が行われており、それによれば

れいわ新選組/れいわ旋風 114,401票48.5%
上級国民 73,739票31.3%
ONE TEAM(ワンチーム) 11,576票4.9%
令和 7,149票3.0%
翔んで埼玉 2,532票1.1%

(以下略)
https://news.yahoo.co.jp/polls/life/40024/result[リンク]

という結果となっていた。
投票総数の8割以上を占めるこちらの1位と2位のワードがいずれもトップテンに入っていないということで、コメント欄には批判的な意見が多数書き込まれていたようである。

※画像は『Yahoo!』より 

―― やわらかニュースサイト 『ガジェット通信(GetNews)』

情報提供元:ガジェット通信
記事名:「『Yahoo!』の意識調査「2019新語・流行語大賞大賞、あなたが選ぶなら?」 1位は「れいわ新選組/れいわ旋風」で2位は「上級国民」