7月8日発売の雑誌「週刊プレイボーイ」はボクシングの世界チャンピオン・井上尚弥選手の独占インタビュー記事を掲載している。
そして、表紙にも、

本紙独占井上尚弥

の文字がひときわ大きく記載されている。

8日夜、井上尚弥選手の従兄弟でボクシングの日本チャンピオンでもある井上浩樹選手が『Twitter』にて

世の男性が井上尚弥の文字に目が行くかが心配

とツイート、週プレ表紙の画像をアップした。
確かに、「本紙独占井上尚弥」の上には、グラビアアイドル・大原優乃さんのビキニ写真がどーんと載っており、世の男性の視線の行方については不安になるところであろう。

翌9日朝、井上尚弥選手は浩樹選手のツイートを引用し

世間の男性は「井上尚弥」しか目がいかないだろ!?

と、キッパリとツイートを行った。
しかし、

「MONSTERがこんなに苦戦を強いられるとは…」
「完全アウェーにも程がある」
「これはさすがに分が悪い戦いかもしれません!w」
「井上尚弥選手の大ファンですが何故か文字が入ってきません!!」

といったような返信が寄せられていた次第である。

※画像は『Twitter』より

―― 会いたい人に会いに行こう、見たいものを見に行こう『ガジェット通信(GetNews)』

情報提供元:ガジェット通信
記事名:「「世間の男性は『井上尚弥』しか目がいかないだろ!?」 井上選手本人の週プレ表紙へのツイートが話題に