車を運転しているときに、急な日差しに慌てて日よけをおろしたことはないだろうか? もしくは、サングラスにかけかえるも、度が入っていないので困ったことは? メガネの上からサングラスをかけた経験は? トンネルで慌ててサングラスを外したことは?

筆者も運転時によく日よけを使っては「この視界の悪さ、どうにかならないものか」と疑問に思っている。今回紹介する“最強メガネ”は、一発でこれらの問題を解決してくれるからすごい。簡単に言うと、普段使いの度入りメガネがサングラスに変わるのだ。

また、こんな経験はないだろうか? スマホで長時間『Youtube』を観ていて、ふと顔をあげた時に視界がかすんでぼやけて焦点が合いづらかったり、スマホゲームや友だちとの『LINE』に夢中になって、目に疲れを感じてついつい目頭をつまんでみたり、仕事でPCとにらめっこしすぎて、目頭をマッサージする習慣ができてしまったり――。これらはすべて、近距離を見続けたせいで目の筋肉が固まったことや、目の疲労からくる、いわゆる“スマホ老眼”と呼ばれる症状。現代人にとっては切っても切り離せない問題だろう。

筆者はこういう場合、すかさず目薬を買いにいって対処してきたのだが、“最強メガネ”なら手元がより見やすくなるよう目に優しい設計がされているので、そもそも目の疲れを感じさせないよう予防してくれるのだ。

この“最強メガネ”とは何で、どこで手に入るかを教えよう。まずは近くのメガネ店に行って、お気に入りのフレームを選び、その後レンズを選ぶ時、店員さんに「『スマホイージー』にしてください」と伝えてみてくれ。店員さんは「はい」、もしくは「そんなものはない」と言ってくるだろう。ここで注意してほしいのが、『スマホイージー』は“メガネのパリミキ”にしか置いてないのだ。近くのパリミキならすんなり、「『スマホイージー』ですね」と言ってくれるので、その後、「『トランジションズ』を追加で」と言ってみてくれ。これで“最強メガネ”は完成だ。

“最強メガネ”とは、“自分の気に入ったフレーム”+『スマホイージー』(ピント調整機能を搭載したレンズ)+『トランジションズ』(メガネをサングラスに変える進化系レンズ技術)と考えればおおよそ、正しい認識である。

『トランジションズ』はまぶしさ、紫外線でレンズの色を変化させるため、それらをカットするだけでなく、ブルーライトもカットする技術。『トランジションズ』でまぶしさ、紫外線、ブルーライトをカットして目を守ると同時に、『スマホイージー』で目の疲れまで予防する、PCメガネの先をいった最新アイケア眼鏡が完成する。

この一本で、朝、昼、夜、室内、室外、ドライブ、スポーツなど、あらゆるシチュエーションで使えるだけでなく、お気に入りのフレームに入れられるから、ファッションにも使える。まさに、最強の一本と言えよう。

スマホイージー|SMART EYE CAREでスマホがEASY!|パリミキ・メガネの三城
https://www.paris-miki.co.jp/products/lens/type/spez/

―― 面白い未来、探求メディア 『ガジェット通信(GetNews)』

情報提供元:ガジェット通信
記事名:「平成最後に開発された“最強メガネ”がすごかった