“マリカー”といえば、裁判にまで発展し、任天堂側の勝訴となったニュースが記憶に新しいところです。公道を走るというわけではないものの、オーストラリアとイギリスで海外版“マリカー”とも言える同様のサービスが存在する事実を任天堂が知っているのかは記憶にございません。しかし、オーストラリアでは「Mashroom Racing」、イギリスでは「Mashroom Rally」という名称で、マリオやルイージのコスプレをしたままゴーカートに乗れるサービスが現実に存在しています。さらに、Los Angeles Magazineが伝えるところによれば、この“Mashroom Racing”と“Mashroom Rally”を運営する会社が、来年このサービスをロサンゼルスで開始するとのこと。

Special Event: Mushroom Racing Go Karting Sunday 24th June 2018 (YouTube)
https://youtu.be/R_6Ej-g2Btg

“Mashroom Racing”が開催したスペシャルイベントの様子。

任天堂側が勝訴した裁判では、東京地方裁判所が「マリオなどのキャラクターのコスチュームを貸与することを禁止する不正競争行為の差し止め」という判決が下されています。“Mashroom Racing”の動画や画像を見る限り、「マリオなどのキャラクターコスチュームが貸与」されているようなので、任天堂の訴訟対象となってもおかしくなさそうです。“マリカー”を巡る動きは日本国内だけでなく海外にも飛び火しそうですね。今後の任天堂の動きが気になります。

”Mashroom Racing”の『Instagram』 [リンク]
https://www.instagram.com/mushroomracingau/

※画像:『Instagram』より引用
https://www.instagram.com/p/BjoC8uCDLnV/?taken-by=mushroomracingau

※ソース:
https://www.lamag.com/culturefiles/this-is-not-a-drill-live-mario-kart-is-coming-to-l-a-next-year/

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: 6PAC) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

―― 表現する人、つくる人応援メディア 『ガジェット通信(GetNews)』

情報提供元:ガジェット通信
記事名:「海外版“マリカー”の“Mashroom Racing”がロサンゼルスでも2019年にサービスを開始するらしい