地下鉄駅の工事で看板や標識が隠れてしまっているのを見かけることがたびたびありますが、ある『Twitter』ユーザーが大阪メトロの駅の模様を次のようにツイートして「予想以上」「もう少しやり方があったのでは」という反応が集まっています。

大阪市営地下鉄の工事、駅名板が見えなくなるからって写真プリントアウトを貼るパワープレイに出るのほんと好き。

駅名標をひとまず張っておきましたといった印象の京橋駅と堺筋本町駅。別のユーザーからは北浜駅の様子も上がっていました。

北浜も酷かったですねw

「大阪らしい」といった感想が複数ありましたが、「東京メトロでもやっている」という報告が寄せられており、ほかのユーザーからはバス停の写真が上がっていました。

某東武バスも似たようなことしてた

「見慣れたものの方がいい」「わかりやすい」「むしろスマートな方法」という好意的な声のほか、「裏からLEDで明かりをつけると完璧」といった意見も見られた仮の駅名標。中にはこのようなツイートも。

この手のコストダウン見るとテンション上がる。お気に入りは「電光掲示板を撮影したカメラの映像を別の場所のディスプレイに表示する」と「ファミマのコーヒーLはLのボタンでなくSのボタンを2回押す」です。

「無駄に手間をかける必要はない」という声が圧倒的だった大阪メトロの工事中の様子。最近ではディスプレイを壁に取り付けるというケースが増えていますが、視認性が確保されているのであれば見栄えを気にしないという人が多いのではないでしょうか。

※画像は『足成』より
http://www.ashinari.com/2010/06/21-338054.php [リンク]

―― 面白い未来、探求メディア 『ガジェット通信(GetNews)』

情報提供元:ガジェット通信
記事名:「工事中の地下鉄の駅名標がパワープレイすぎる!? 「予想以上」「むしろスマート」