記事タイトルでネタバレしていますが、こちらの生命感あふれんばかりの猿達が何で出来ているか、一目見ただけでわかりますか?


Annie Lombardiさん(@umadesigns)がシェアした投稿 – 1月 18, 2018 at 8:26午後 PST


https://www.instagram.com/p/BeHhp6Yn3fZ/
そうです。新聞紙なんです。

これは静岡在住のアーティスト、一ツ山チエ氏(以下、同氏)の作品です。同氏の作品は、新聞紙で作った“リアル感満載の動物”というのが特徴です。


Stedelijk Museum Bredaさん(@stedelijk_museum_breda)がシェアした投稿 – 11月 7, 2016 at 12:44午前 PST

https://www.instagram.com/p/BMgK8ulBT_m/
サイ。


Annie Lombardiさん(@umadesigns)がシェアした投稿 – 1月 18, 2018 at 8:27午後 PST

https://www.instagram.com/p/BeHhtyAH-oC/
トカゲ。


Marjan Sattarzadehさん(@marjansattarzadeh)がシェアした投稿 – 8月 28, 2017 at 10:37午前 PDT

https://www.instagram.com/p/BYWJq8JFFZd/
ゴリラ。

まるで命を吹き込まれたかのような同氏の作品は、国内のみならず海外からも高い評価を受けており、アメリカの博物館でも何回か展示されています。

Chie Hitotsuyama Paper Trails Short(YouTube)
https://youtu.be/1GhJn8apfgI

米フロリダ州マイアミのAvant Galleryで行われた展示会のPR動画。作品がズームで撮影されているので、作品の質感がよりリアルに感じられます。

The Animal Sculptures Giving New Life to Recycled Paper(YouTube)
https://youtu.be/iXLbPmW5KSs

動画メディア『Great Big Story』が最近公開した同氏へのインタビュー。創作活動の現場を垣間見ることができます。「なんでこの形をしているんだろうと思ったものとかに愛しさを感じます」とか、動物愛が満ちあふれているコメントですね。作品の創作過程ですが、新聞紙をねじってから何層にも重ねていくことで形を作っているそうです。サイズの大きい作品だと完成まで1~3か月かかるとのこと。新聞紙の動物アートを始めたきっかけは、アフリカで密猟者にツノを奪われ弱ったサイに出会ったことなんだそうです。

同氏の作品や展示会の最新情報は以下の公式サイトで確認できます。

一ツ山スタジオ
http://hitotsuyamastudio.com/#top

※画像:
http://hitotsuyamastudio.com/

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: 6PAC) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

―― 会いたい人に会いに行こう、見たいものを見に行こう『ガジェット通信(GetNews)』

情報提供元:ガジェット通信
記事名:「生命感あふれる動物達 新聞紙で作ったアートというのが信じられない