季節の変わり目に太刀打ちする“美肌ケア”とは?

季節の変わり目に太刀打ちする美肌ケアとは
出典:byBirth

3月に入り暖かくなってきて、季節の変わり目にゆらぎやすい肌のトラブルがみられる方もいるのでは…?そこで今回は、季節の変わり目にも左右されないような、メイクをしなくてもすっぴん状態で美しいお肌に近づくケアをおさらい。すっぴん美肌を手に入れるためにおすすめのケアと、お手入れのポイントについてご紹介していきます!

すっぴん美肌に近付ける朝のケアのポイントとは?

すっぴん美肌に近付ける朝のケアのポイントとは
出典:byBirth

朝のスキンケアをしっかりとおこなうことで、その後のメイク崩れの防止や日中の肌トラブル予防にもつながります!時間が無くてお手入れをサボってしまいたくなるような朝こそ、しっかりケアを仕込んでおくことで一日の幸福度も上がるはず。

化粧水をお肌にしっかりと押し込む

美肌ケアをするなら欠かせない“保湿”は、朝こそ特に注力しておきましょう。朝にしっかりと水分を仕込んでおくことで、一日のお肌の状態が良くなるはず。やみくもに時間をかけて押し込む必要はないので、自分のお肌を手のひらでやさしく触りながら、「充分に水分が浸透したな」と感じるまで、化粧水をやさしく押し込むように重ねていってください。

春夏などの暖かい季節は寒い冬場と違ってお肌の状態もやわらかいので、洗顔後に化粧水の導入液となるようなブースターを使うとさらに効果的。自分のなかのマックス潤っている状態を感じるまで、化粧水を塗ってみてください。

可能であれば、なるべく朝・晩としっかりマスクを毎日することもおすすめします。日中の外的な要因でお肌が乾かないように、なるべく水分をチャージしていきましょう!

美容液は朝も活躍させたいアイテム

夜のスキンケアで美容液を取り入れる方は多いと思いますが、ぜひ朝も取り入れてみてほしいところ。特にお肌がゆらぎやすい季節は、惜しみなくたっぷりと労わってあげてください。

自分のお肌の悩みに沿ったものを選ぶのがポイントですが、朝にそんなに濃厚な使用感のものを使いたくない…という方などは、炭酸美容液などがおすすめ。シュワシュワとしたさっぱりとするようなアイテムなら、こっくりとした使用後のストレスを感じずに済むはずです。

乳液はしっかり&たっぷりなじませる

暖かくなるほど、乳液のようなテクスチャーのスキンケアをストレスに感じる方も少なくないかと思いますが、せっかく水分をたっぷり与えたあとに乳液で蓋をしなくては、水分はどんどん逃げてしまいます。とくに、お肌を触ったときに硬くこわばったように感じる方や、乾燥肌の方こそ乳液のケアを見直してみましょう。

乳液もいろいろなメーカーによってお肌の悩みを解決する強みが異なるので、そのときの自分のお肌の悩みに沿った乳液を選ぶのがポイント。さらに乾燥が酷い方の場合は、朝からクリームでしっかりとケアするのもおすすめです。

クリームは乳液よりもテクスチャーが硬めのものが多いので、しっかりと手のひらでお肌に押し込むようにのせていきましょう。見逃しがちな首元までしっかりとケアすることをお忘れなく!

すっぴん美肌に近付ける夜のケアのポイントとは?

すっぴん美肌に近付ける夜のケアのポイントとは
出典:byBirth

夜のスキンケアに一番注力している方も少なくないかと思いますが、先程ご紹介したような朝のスキンケアをしっかりとしている方の場合は、必要に応じて軽めのケアで済ませることが効果につながることも。

夜のケアに大切なのは、栄養や水分を与えるよりも、メイクや外で受けた汚れをしっかりと“落とす”ケアです。状況を見ながらシンプルに済ませることで、不安定なお肌の状態が回復へと近づくはず。

まずは入浴で全身の代謝アップを心掛けて

身体は顔だけが特別に分かれているわけではなく、全身つながっているもの。顔のくすみや肌トラブルが気になる方は、毎日の入浴時間をしっかりと確保するようにしてみてください。

湯船につかったら、なるべく汗と一緒に老廃物を出しきることを目標に!発汗作用の期待できる入浴剤を入れたり、定期的な角質ケアをしたり…お風呂タイムもれっきとした“落とす”ケアのひとつです。

クレンジングは擦らず入念に!

クレンジングはごしごしと擦らず、極力摩擦によるダメージを受けないようにする注意が定説ですが、お肌の状態が不安定なときこそ慎重におこないましょう。現状使っているコスメをお湯落ちするようなタイプのものに変更するのもいいですし、クレンジング剤をミルク・クリーム・泡のようなお肌への負担がかかりにくいタイプに変更するのもおすすめ。

使用途中のアイテムを使い切ってから…というのも気持ちが痛いほどわかりますが、お肌を守りたいときには必要に応じたアイテムの見直しは効果的なので提案したいところ。

与える・落とすを意識して“すっぴん美肌”を手に入れましょう!

与える・落とすを意識
出典:byBirth

朝に充分な栄養や潤いを与えてしっかりと蓋をすれば、日中のメイク崩れや外的な刺激からお肌をガード。さらに帰宅後は、外の汚れをしっかりと落とし、代謝のよい状態で必要なケアをして充分な睡眠をとることで、お肌のトラブルが回復へと近づいていくはずです。

できることから取り入れて、すっぴん美肌を手に入れましょう!

情報提供元:GODMake
記事名:「すっぴん美肌を手に入れたい!美肌づくりのポイントは?