深い呼吸は出来ていますか?背中呼吸で心もからだもすっきり

こんにちは。ピラティス&ゴルフピラティスインストラクターの太田です。今日は「呼吸」がテーマです。特に今回は「深い呼吸」です。この「深い呼吸」、意外とできていない方が多いので、今回はバランスボールを使って行っていきましょう。

呼吸、浅くないですか?

呼吸の時に使われるのが「横隔膜」です。

「横隔膜」は、深層部にある筋肉で、胸腔(肺の部分)と腹腔(胃や腸などの消化器官の部分)の境にあります。息を吸うと肺が膨らみ、横隔膜が下がります。息を吐くと横隔膜が元の位置に戻ります。通常は3~4㎝上下に動くのですが、背中や胸周りが凝っていると、横隔膜が使えず、肩で呼吸をしてしまいがちです。

そのため、呼吸を行ってもリラックスできず苦しかったり、少し動いただけで「はあ、はあ」と過呼吸になってしまったり・・・。

これでは副交感神経が働かずに、いつも緊張している状態かもしれませんね。バランスボールを使って、背中に空気を入れる呼吸で、背中回りの緊張をとっていきましょう。

1.スタートポジション

バランスボールの前に膝を立てて座ります。上半身を前に倒し、バランスボールの上に乗ります。両手を床につけて、体をバランスボールに預けます。ふうっと息を吐き、上半身の力を抜きましょう。

エクササイズ

2.息を吸います

鼻から息を吸います。バランスボールと自分の体が一体になったつもりで、お腹の下のボールに空気を入れていきましょう。

エクササイズ

3.息を吐きます

口から息を吐きます。お腹の下のバランスボールの空気を全部抜いていきましょう。

シューっと風船の空気が抜けていくようなイメージで、バランスボールの中の空気が抜けていきます。何度か繰り返します。

4.ポイント

息を吸うときは、お腹の下のバランスボールに空気が入り、どんどん大きくなっていき、自分の体よりもさらに膨らんでいくイメージを持っていきましょう。

繰り返すごとに、バランスボールがさらに大きくなっていくイメージです。息を吐くときは、自分のお腹がバランスボールのつもりで、シューっと空気が抜けていくイメージです。はぁ~と力が抜けて自分自身が小さくなっていきます。

続けていくと、息を吸った時にお腹の下のボールが膨らんで、背中の隅々まで空気が入っていくのが感じられます。息を吐いた時は、お腹の下のボールが小さくなっていきます。最初は難しいかもしれませんが、ボールを抱きかかえるようにして呼吸を繰り返すことで、少しずつ背中の隅々まで酸素が入り、緊張がとけてきますので繰り返し続けてみましょう。

Photo by fotolia

情報提供元:美ラボ
記事名:「バランスボールを使って『背中呼吸』!心もカラダもすっきり法!