10月23日、パナソニック株式会社 オートモーティブ社は、自動車用のコックピットのHMI(ヒューマンマシンインターフェース)を仮想空間で検証するVRシミュレータを開発したことを発表しました。

このVRシミュレータの活用によって自動車のコックピットの仕様策定や意匠決定の効率化を実現していきたいとしています。


VRシミュレータ開発の背景

これまでは、業界では紙の仕様書やデモンストレーションなどを活用してコックピットのHMIを検証していました。

しかし、それらの方法をとると現実の運転感覚と異なるため、コックピットの開発において仕様を修正していくのに多くの費用と時間が必要という問題があります。

今回開発したVRシミュレータを検証に活用することで、従来の問題となっていた点を解決し、コックピットの開発効率化を図ることができるようになりました。

新型VRシミュレータの内容

新型VRシミュレータの内容

パナソニックが今回開発したシミュレータは、目的別の2種類です。

ユーザーインターフェースのシミュレーション

ユーザーインターフェースのシミュレーション

1つ目のシミュレータは操作表示に関するシミュレーションができるものです。

ゴーグルを使った仮想空間上で操作表示HMIを検証するためのもので、実際の操作とそれによる表示変化を双方向的に検証することができます。

これによりコックピットの操作表示の仕様策定を大きく効率化するものとなります。

ユーザーシーンのシミュレーション

ユーザーシーンのシミュレーション

もうひとつのシミュレータはUX(ユーザー体験)をシミュレーションできるものです。

ゴーグルを使わず、横2面と床1面のスクリーンに仮想空間を投影することによって、乗り込みから降車までのユーザーが体験する一連の乗車シーンを、被験者が実際に同じ動きをしながら検証できます。

被験者の動きに沿ったインターフェースの表示の変化とコックピットの意匠を同時に体感することが可能になり、これにより表示仕様や意匠決定を効率化することが可能です。



東京モーターショー2019で体験可能

東京モーターショー2019で体験可能

パナソニックは、今後VRシミュレーション技術の活用によって自動車のコックピット開発を企画段階からサポートし、よりよいクルマづくりに貢献できるようにしていきたいとしています。

また、今回パナソニックが開発したVRシミュレータですが、自動車ユーザー側の私たちも体験することが可能です。

東京ビッグサイトで10月24日から開催される「東京モーターショー2019」においてスズキ株式会社展示ブース内「WAKUWAKUタイムトラベラー」で展示される予定となっています。

まとめ

VRシミュレータというと危険なシチュエーションでの業務訓練に使われるイメージが強いと思います。

しかし、まだ形になっていないアイデアを検証する場合にもVR技術は強みを発揮することが可能です。

特に自動車開発のような大きな工業製品になるとアイデアを検証するのにコストや労力がかかってしまいますが、仮想現実でなら細かい修正も簡単にすることができるので効率的なシミュレーションができます。

アイデアを出しやすい環境が整うことで、さらに革新的なアイデアや新技術の開発につながるのではないでしょうか。

今回のVRシミュレータがさらに多くの分野で活用されることで、産業の発展につながっていくと良いですね。

ソース:パナソニックのプレスリリース[PRTimes]









Copyright © 2019 VR Inside All Rights Reserved.

情報提供元:VR Inside
記事名:「仮想空間で自動車開発を効率化!パナソニックがVRシミュレータを開発