B.b.designLabは、VRコンテンツBtoB専用VRコンテンツ配信プラットフォーム『BtoB-360VR』と、独自開発の瞳孔間キャリブレーションソフトウエア『IPD-360VR』を2018年1月より提供開始する。

f58873c48d

『BtoB-360VR』は、拡大し続けているVR市場に向けたVRコンテンツ専用配信プラットフォーム。制作したVRコンテンツを登録・アップロードすることで、簡単に利用できるようになる。VRコンテンツ公開のための専用環境のため、VR動画配信に最適化された使い勝手のいいシステムとなっている。

『IPD-360VR』は、コンテンツを視聴するときに、個人差がある瞳孔間距離(IPD)の調整をソフトウェア的に実現するものだ。VR空間内で簡単にキャリブレーションを行い、視聴者ごとにマッチした最適な視聴環境を提供することができる。

各社から様々なVRゴーグルが登場し、メーカーごとに視点距離や使用レンズなど構造上大きく異なる。また、瞳孔間距離に個人差もあるため、視聴者自らが目で調整するためVR酔いなどを誘発してしまうが、今回同社が発表したソリューションでは、これら課題を解決するとともに、若年層の斜視への懸念も抑制することが期待できる。

この視差キャリブレーションソフトは、11月15日(水)から千葉県・幕張メッセで開催中の【InterBEE2017】にも出展中だ。

【InterBEE2017】
会場:幕張メッセ HALL8 InterBEE CREATIVE MEET-UPブース
http://www.inter-bee.com/ja/

情報提供元:VRbeat
記事名:「B.b.designLab、世界初VRコンテンツ専用配信プラットフォームと瞳孔間キャリブレーションソフトウエア発表、来年1月より提供開始