アメリカにおいて最も人気なスポーツであるアメリカン・フットボール。日本人はあまり馴染みのないこの競技ですが、その頂上決戦である「スーパーボウル」のテレビ中継は、年間最高視聴率を毎年記録するなど、絶大な人気を誇っています。そんなアメリカン・フットボールの中継映像には、数多くのCGが使用されています。攻撃の成否を決める「ファーストダウンライン」もその1つ。ゲームの進行に合わせて線を引くべき位置が変化するので、状況に合わせて黄色いラインがフィールドに映し出されます。ですがこのファーストダウンライン、不思議なことに選手に重なって表示されてしまうことはありません。では、一体どのように映像を合成させているのでしょうか? YouTubeのサイエンス系動画チャンネル、SciShow。今回は、知られざるスポーツ中継の映像技術をご紹介します。

全文を読む